チョビがおばあちゃんになっても・・・

先日、読み終わった本が溜まってきたので、BOOK・OFFへ売りに行ってきた。
本の他にゲームソフトもあったので、思っていたよりもイイお値段がつきウホウホッ♪

その稼いだ(のか?)分で、
何か読んでみたい本はないかなぁと店内をブラブラしていたら、こんな本を見つけた。
c0084117_18425780.jpg
「高齢犬のキモチがわかる本」。

この本の存在は知っていたけど、チョビにはまだ早いかなぁと思って・・・。
でも、ずーっと気にはなっていた内容の本だ。

愛犬の老後を心配している飼い主さんに向け、高齢犬との付き合い方が書かれた1冊。
日常生活のちょっとした変化から、病気による症状や治療、介護、痴呆まで・・・。
その解決法が、写真や可愛らしいイラストで分かりやすく具体的に書かれていたので、
思い切って買ってみた。

チョビは、今年で10才を迎える。
c0084117_18432316.jpg
この本によると、やっぱり7才から 「高齢犬」 というらしい。
ってことは、チョビも立派な 「高齢犬」 の仲間入りってことになるわけで・・・(寂)。

高齢犬は、白髪が生えてきたり、
眠っていることが多くなったり、行動に時間がかかったり、
遊ぶことに興味を示さなくなってきたりするらしい・・・・・・しかーしっ!
おかあちゃんがそう思い込んでいるだけかもしれないけど、チョビはまだまだ若いっ!!
c0084117_18434793.jpg
ボールだって、猛ダッシュで追いかけていくし、

c0084117_1844192.jpg
モグラの穴だって掘りまくる!(携帯にて撮影)

c0084117_18442038.jpg
「まだ帰りたくないのっ! もっと歩くのっ!」 ってイヤイヤもするし、

c0084117_18443870.jpg
食欲だって、テレビチャンピオン並みの食いっぷり!(笑)

そんじょそこらの若いもんには負けないくらいのパワーを持っている!!

でも・・・若々しくて元気なチョビも、必ず年を取っていく。
おかあちゃんたちよりも遥かに速いスピードで年を取っていく・・・(悲)。

それは十分分かっているつもりだけど、
実際にその日がやって来たら、チョビもおかあちゃんもどうすればいいのか分からず、
パニクッてしまうかもしれない。
c0084117_1845618.jpg
「特に、おかあちゃんがね・・・・・・・by おとうちゃん」

先のことを考えると、不安で怖くて涙が出てしまう日もあるけど、
そのとき、パニックにならないために・・・また、
幸せな高齢犬生活をエンジョイするために、この本が役立ってくれたら嬉しいなぁ。
c0084117_1850698.jpg
チョビがおばあちゃんになっても、この元気な笑顔を見ていたいから・・・。
by uchi-mame | 2010-01-21 22:07 | 健康・身体 | Comments(10)
Commented by まんハハ at 2010-01-22 09:20 x
まだまだ若いです。大丈夫!

前のワンコは17歳まで長生きしました。
飽きるほど付き合ったような気がして、もう死なないのでは
と思ったほどです。 家族同然だとこの生活がずっと続くと
思いますね。  大丈夫、目もとっても元気そう! 
Commented by uchi-mame at 2010-01-22 18:49
まんハハさん・・・
心強いお言葉、ありがとうございます!(嬉)
まだまだ先のことだと思っていても、チョビが年を取っていくスピードは
誰にも止めることはできないので、今年で10才という年齢を思うと、
つい先のことを考えてしまいます。そんな日が多くなりました。
17才という年齢はスゴイですね!大往生じゃないですか~♪
17年間も一緒に暮らせるなんて、めっちゃ嬉しいことですし、目標になります!
「もう死なないのでは・・・」って思えるほど長生きしてくれたことに感謝ですね♪
お世話になっている獣医さんからは、
「チョビは15年以上生きる!私が保証します」って言われました(笑)。
みなさんからの励みの言葉を胸に・・・のんびりと頑張ります♪
Commented by まんハハ at 2010-01-22 19:40 x
追記。
もう危ないと思った時、主人と医者には診せない、どうせ1日か2日生き延びるより、家の中で見送ろうって同意しました。一週間、水だけ飲んで、ウンO出すだけ出して、きれいな体で息絶えました。 大好きだった主人の胸の中で。 お友達夫婦と主人の家族と我々と6人でササヤカナお通夜をとり行いました。 ワンコはシルクのタオルでくるんであげました。 また生き返るかもと思ったりして。 ヨル、主人が最後に添い寝したらノミが 3匹出てきたそうです。おもわず「恩赦」って言葉が浮かんだって言ってました。
  おしまい。     

追追記  前のワンコが 「ロク」だったんですけどもっと長生き
     してほしくて 「まん」にしました。
Commented by uchi-mame at 2010-01-22 22:05
まんハハさん・・・
ロクちゃんとの大切な思い出・・・ありがとうございます。
実家で飼っていたリリーが亡くなったときのことを思い出しました。
私は大阪に居たので、最後に立ち会うことはできなかったのですが、
ちょうど母親と電話している時にけいれんを起こしてそのまま・・・。
実家も、まんハハさんファミリーの皆さんと同じ思いで、リリーの最後を見送りました。
亡くなる寸前にシッポを大きく振り、ひと声鳴いたそうです・・・。
そうそう、ノミがピョンピョン出てくるんですよね。母親が言ってました。
まんちゃんのお名前の由来は、ロクちゃんからもらった大切なお名前だったんですね♪
大丈夫!天国から、まんちゃんのことをロクちゃんが見守ってくれてるんですもの・・・。
メチャクチャ長生きできること間違いナシ!ですよね。
Commented by chika456 at 2010-01-23 08:28
チョビばあちゃんか・・・
でも、年を重ねてきた分だけ、きっと豊かで幸せな老後を送ると
思いますよ。
大好きなお母ちゃんやお父ちゃんにこんなに愛されてるんだから、
チョビはきっとどんな時も幸せに違いないと思います。
Commented at 2010-01-23 14:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uchi-mame at 2010-01-23 21:37
chika456さん・・・
「チョビばあちゃん」って・・・可愛い響きですね~♪
縁側で日向ぼっこしながらお茶を飲んでいるチョビばあちゃんが
頭の中にポワワ~ンと浮かんできましたよ(笑)。
飼い主さんの育てられ方によって、ワンコの表情も違うってよく聞きます。
「果たして、チョビはどぉ?」って思うんです、いっつも。
私たちなりに愛情を注いできたつもりだし、これからも愛情たっぷりで・・・って思ってるけど、
あんまりラブラブすぎないように気を付けなきゃいけないときもあるんですよね・・・うん。
chika456さんにそうおっしゃっていただけると、
これか先、何があっても頑張っていけます!ありがとうございます♪
家族みんなの幸せが、私たちの元気な活源ですもんね。
Commented by uchi-mame at 2010-01-23 21:46
鍵コメ(01-23 14:39)さん・・・
ワォ!嬉しいコメント、ありがとうございます!
そうなんです・・・コメントには、文字数に限界があるみたいなんです。
私も、何度も限界を超えてしまって(笑)。
同じ不安な気持ちを持っている方にお会いできることって少ないですよね。
じつは、先日の鍵コメさんのBlogを読んで、チョビのことで聞いてほしいことが・・・。
思い切って、頼っちゃっていいですかーっ?(笑)
ゆっくりとメールさせていただきますので、
時間があるときにでも読んでいただけたら嬉しいです♪
Commented at 2010-01-23 22:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uchi-mame at 2010-01-24 15:46
鍵コメ(01-23 22:37)さん・・・
嬉しいです!ありがとうございます!
いま、「何からお話しようかしら?何を聞いてもらおうかしら?」って考え中です(笑)。
リリーが亡くなったことを今でも引き摺って生活しているときもあって、
その気持ちをムリヤリ閉じ込めて我慢しているときもあって・・・。
そして、捨て犬だった我が子の気持ちに戸惑う日もあって・・・。
お互いに相談できる方がいたら嬉しいですよね♪
頼りにさせていただきますので(笑)、これからもヨロシクお願いしますデス!


<< コロちゃんのおかげ 今年のマルシェ福袋 >>