家族記念日

昨日22日は、保健所(犬管理指導所)からチョビをもらって来た日。
チョビが、おかあちゃんたちの娘になった 『家族記念日』 です。
c0084117_13393780.jpg
あれから10年も経つけど、
チョビをもらって来た日のことは、今でも鮮明に覚えています。

今日は、その日のことを思い出しながら書こうかと・・・。


ワンコを飼うと決めた日、ペットショップには行かず、真っ先に保健所へ行きました。
そこで申込書をもらい、提出してから待つこと約1ヶ月・・・。
やっと、役所から返事が来て、チョビをもらいに行く日が決まりました。

その日は平日で、おとうちゃんに仕事を休んでもらい、
まず、ペットショップによって必要なものを仕入れてから、犬管理指導所へ。
小さなケージ片手に引き取り所へ行くと、
「ご苦労さまです」 と出迎えてくれた指導所のおっちゃん。
そのおっちゃんの腕の中に抱っこされていたのがチョビでした。

怖くて不安で悲しげな目をして震えていたチョビ・・・そんなチョビを見て、
「あなたの小さな命、私たちが一生守ります!」 と思い、
迷わず 「この子をもらいます」 って言ってた。
c0084117_13462695.jpg
車での帰り道、
ケージの中に入ったチョビは 「オシッコ&ウ〇チ&ゲロゲロ」 のオンパレード!(笑)
車中は、とんでもなくキツいニホヒが充満し、凄まじい状況だったけど、
それがなんだか嬉しくてね・・・。
これから始まるチョビとの楽しい毎日にワクワクだったから!

でも、そう思ったのも束の間・・・想像を絶する毎日の始まりでもありました。

マンションに着いたチョビは、
警戒しながらも、けっこう部屋の中をあちこちウロウロと徘徊していました。
クンクンしながらオシッコしたり、ウ〇チしたりして・・・。
それを片付けている後ろで、またウ〇チしてたりしてと忙しかったけど(笑)。
c0084117_13472566.jpg
そんなチョビを怖がらせないように驚かさないようにしながら、
「可愛いなぁ」 って静かに眺めていたっけ。

さんざん徘徊したチョビ、そろそろ休ませようかとケージに入れた途端、
鳴き叫び始め、暴れるはケージに噛みつくは大パニック!
でも、「ここで出してはしつけにならん!」 とおとうちゃんに強く言われ、
見ているのは辛かったけど、我慢して我慢して・・・。
c0084117_13474629.jpg
結局、30分以上鳴き続け、疲れて寝ちゃった(笑)。

ごはんは、緊張して食べないかも・・・って思ってたけど全然でした。
驚くほどのガツガツぶりで大笑い!
c0084117_13521996.jpg
器に片足突っ込んで、必死に食べていたっけ。

そうそう、首輪も初めて着けてみたよね。
でも、着けた途端に狂ったように暴れ回り、壁に体当たりして大パニック!
ビックリして慌ててはずし・・・結局、首輪に慣れるまで1週間かかりました。

そして、ドタバタの1日が終わろうとしていた夜・・・。
c0084117_14302784.jpg
おとうちゃんのこだわりで、チョビを寝かせるのはケージの中。
しかも、おかあちゃんたちの寝室ではなく、隣の部屋で寝かすと決めていたようで・・・。

夜中、小さな声で 「クゥ~ンクゥ~ン」 と鳴き、
1時間ごとに、おかあちゃんたちを起こしていたチョビ。
その度に顔を出し、声を掛けながらケージの扉を開けてあげると、
おかあちゃんたちの膝の中に入ってきて寝ようとするチョビをケージに戻し・・・の繰り返し。
おかげで、翌日はおとうちゃんもおかあちゃんも超寝不足(笑)。
そんな毎日が1週間以上続いたっけ。


以上がチョビをもらって来た日の出来事です。
なんだか、めちゃくちゃ盛りだくさんの1日で思い出すだけでも大変!(笑)

でも、この日いちばんショックだったのが、
小さなチョビの体がノミやダニだらけで、ひどい炎症を起こしていたことでした。
c0084117_1848137.jpg
何度もしつこくカイカイするチョビ。
チョビ毛を掻き分けてみると、大量のノミとダニが体中を駆け回っていました。

そんなチョビを見ていたら悲しくなっちゃって・・・。
どんだけ酷い環境に捨てられていたのか・・・生活していたのか・・・。
いま思い出しただけでも、涙が止まりません。


このあとも、辛くて大変で泣いた日もいっぱいあったけど、
3人でどうにか頑張って、ここまで来れたことを、
c0084117_18523076.jpg
この寝顔を見ていると、ホントに嬉しく思う今日この頃です。


ハッキリとしたチョビの誕生日が分からない分、
この 『家族記念日』 が、私たちにとってイチバン大切な記念日かもしれませんね・・・。
by uchi-mame | 2010-11-23 21:47 | 記念日 | Comments(10)
Commented at 2010-11-24 08:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 桂花香 at 2010-11-24 17:25 x
うちももらってきて一カ月は大変でしたね・・・
今となっては懐かしいですけど。
うちも夜泣きがあったので、一週間位は近くで寝ましたね。

懐かしいですね~あのころが。
一生懸命『子育て』しましたものね^^
あのころがあるから「今」があるんですよね~

チョビちゃん、全部分かってますよ^^
そして「娘になった幸せ」もちゃ~んと感じてくれていると思います^^ 
お顔に書いてありますよ♪
Commented by uchi-mame at 2010-11-24 19:12
鍵コメ(11-24 08:46)さん・・・
こんばんは~!
「素敵な両親」って私たちのことかしら・・・ありがとうございます(照)。
鍵コメさんの娘さんも、家族の一員になってもう5年経つんですね・・・。
ホントに、月日が経つのは早いですよね(寂)。
やっぱり、鍵コメさんも「家族記念日」が忘れられない大切な日なんですね♪
チョビが家族の一員になって10年、楽しい思い出はたっくさんあるけど、
やっぱり、もらって来た日のドタバタは忘れられません(笑)。
チョビと私がソックリ?はい、言われたことありますよん♪
「飼い主さんと愛犬は似てる」ってよく言いますよね!鍵コメさんも?
「似ている」って言われると嬉しいですよね~♪
Commented by uchi-mame at 2010-11-24 19:25
桂花香さん・・・
そうそう、もらって来て1ヶ月はホントに大変でしたよね(笑)。
頼りにしてた「しつけ本」は全く役に立たなかったし・・・。
さつきちゃんも夜泣きしていたんですね。
夜泣きには苦労させられたけど・・・めっちゃ可愛いんですよね~♪
私たちの子育てが正しかったのか悪かったのかは分からないけど、
さつきちゃんもチョビも、めっちゃいい子に育ちました!(嬉)
大変な時期があったからこそ、いまこうやって大笑いしながら話せるんですよね。
そして、可愛い娘への愛情も倍増!
これからも色々あると思うけど、この調子で頑張りましょ~!!
また大笑いしながら話しましょ~!!
Commented by リンママ at 2010-11-24 22:01 x
チョビちゃんがお家にきた時はとても小さかったのですね^^。
りん達はもう生後4ヶ月になっていたし人間不信の野良犬の子達だったので私も大変でした。りんは預り先のおうちへ行ってしまったけど、残った3匹の子にリードやお散歩のしつけ人に慣らしていくのは結構大変でした。みんなリードをつけてのお散歩はあちこち行っちゃうしなかなか大変でした^^;
りんは家に戻ってきてからは家族に慣れるのも何ヶ月もかかったし、しつけ本は全然参考にならずでした^^;
でもチョビちゃんもりん達も最初はとても大変な事が沢山だったけど、今はホントにいい子に育ちましたよね^^。怖い思いを経験してきてしまった子達が少しだけでも変わってきてくれたことがとても嬉しいし、その分沢山幸せにちなくっちゃって思いますよね^^。私も拾った子なので正確な誕生日はわからないけど、お家に連れてきた日が一番の記念日です。もちろん捨て猫だったチャラも♪そして今でもその出会えてお家に来た日の記念日に家族でお祝いできるって本当に嬉しいことですよね^^。
Commented by uchi-mame at 2010-11-25 18:53
リンママさん・・・
指導所のおっちゃんには、「生後2ヶ月位」って言われたんですが、
性格な年齢は分かりませんでした。でも、ちっちゃいですよね(笑)。
生後4ヶ月のりんちゃん達を保護するのは、物凄く大変なことだったと思います。
保護しても、人間に警戒心を抱いていた心を開き、人間に慣れさせることは
とっても大変で辛いこともたくさんあったと思います。チョビもそうでした。
でも、りんママさん達の苦労&努力&愛情があったからこそ、
いまこうやって、りんちゃんの兄弟姉妹は優しい家族と幸せな毎日を
送っている・・・私も嬉しいです♪
大変だった頃のことを思い出すと、多少悪いことしても許しちゃいません?(笑)
そっか!りんちゃん家は、嬉しい「家族記念日」がもうひとつ増えたんですね♪
「家族記念日」って、楽しい思い出がまたひとつ増える素敵な記念日なんですね!
Commented by min_y at 2010-11-25 20:16
家族記念日、おめでとうございます!
ちっちゃなチョビちゃん、すご〜く可愛かったでしょうね!
でも、はじめは本当に大変だったんですね〜
ラスクは一番大変なときはリンママさんにしつけてもらったので、家に来た時から大人しいいい子でした。でも、何ヶ月も警戒心がとれなくて、野生動物のような雰囲気のところがありました。
そんな子たちが私たちに心を許してくれるようになったのはすごく嬉しいですね!
Commented by uchi-mame at 2010-11-25 21:45
min_yさん・・・
ありがとうごじゃいま~す!!
本当に、ちっちゃなチョビは食べちゃいたいほど可愛かったです。
モチモチプニプニタプタプした体で、ヨタヨタ歩いてました(笑)。
みんな、初めはとっても大変だったんですね・・・。
ラスクちゃんとりんちゃんとララちゃんにお会いしたとき、
みんなお利口さんで、初対面でも警戒することなく仲良くできて・・・。
とても、そんな大変な時期があったなんて思えませんでした。
でも、りんママさんのお話を聞いて、「みんなもチョビと同じだったんだ」って、
改めて分かって、とても嬉しかった♪
いまだに、昔のことを思い出し怯えてしまうことがあるチョビ。
そうなったとき、同じ経験をしてきたラスクママさんたちに相談できる・・・。
みなさんに出会えて、本当に良かった!
いろんなことがあったけど、それを乗り越えて頑張って、
私たちに心を許してくれたラスクちゃんやチョビたち・・・。
ぜひ、またみんなにお会いたいです!
Commented by nabetsuma at 2010-11-27 12:11
子犬がおうちにやって来た初日は、みんなそれぞれ、いろんなエピソードありで
今振り返れば楽しい思い出だと思います。チョビも大変でしたね〜

我家のミカンは生後7週間でやって来ました。兵庫の奥から車に揺られ酔って
もどしてのヨタヨタで到着しました。息子の高校のクラスメートのお家で
産まれた子をもらったのでそのお家から持参された首輪にお食事用トレイが
嫁入り道具。玄関に置いたゲージのベッドに寝かせてやったら、バタリと寝ついてしまいました。そのあと起きた後はニコッと笑って愛嬌をふりまきました。

夜泣きはうちの場合は一晩だけです。心細くってくんくん泣いた時に
すぐそばに行って抱っこ。何度か繰り返し明け方からは一緒にいました。
それって本に書かれていることと正反対ですよね。
でも「呼べばすぐに来てくれる。大丈夫だ」と感じたのか、翌日からは
おしっこのときだけ呼ぶようになり、玄関にゲージのため庭で排泄を
させたので、
眠る前と夜中に一度&明け方、くんくん呼んだら排泄と抱っこで切り抜けました。

なんかしみじみするなあ・・
こうやってミカンのことを思い出す機会を与えてくださって、
チョビママさん、ありがとう〜〜
Commented by uchi-mame at 2010-11-27 21:30
nabetsumaさん・・・
本当に・・・大変だったからこそ、いまこうやって笑って話せるのかも(笑)。
ミカンちゃん、なんと!? 生後7週間でnabetsumaさん家にやって来たんですね。
しかも、素敵な嫁入り道具も一緒だなんて・・・カワイイ♪
生後7ヶ月だと、めちゃくちゃ小さくて、優しく抱っこしてあげないと
壊れてしまいそうな・・・そんな感じですね♪
チョビは、けっこうガッチリ体格でモチモチしてたなぁ(笑)。
ミカンちゃんも、夜泣きしたんですねぇ。ウチだけじゃなかった!(嬉)
たしかに、ウチも「しつけ本」とは逆のことをやって来たような気がします。
でも、それは間違っていなかったってことですよね?
だって、ミカンちゃんもチョビも、こんなにイイ子に育ってくれたのだから~♪
私も、ミカンちゃんのお話をたくさん聞くことができて嬉しいです!
そして、チョビの小さかった頃のことも思い出せて・・・。
これからも、楽しかったこと&面白かったことなど、たくさん聞かせてくださいね。
大先輩のミカンちゃん!!


<< 今年のクリスマスツリー 戦利品 >>