聴けなくなってしまったCD

チョビが虹の橋を渡ってしまった日から、
音楽というものが全く聴けなくなってしまったおかあちゃん。

音楽を聴いてるとね、
涙がポロポロ出てきて止まらなくなってしまうんです。
なんだか悲しくなって泣いてしまうんです。

そのなかでも、特に聴けなくなってしまったCDがあります。
c0084117_20233311.jpg
ドラマ 「パンとスープとネコ日和」 のオリジナル・サウンドトラック。

おかあちゃん、このドラマが大好きで、DVDを買って何度も観ています。
c0084117_20244396.jpg
で、そのドラマの背景に流れてくるBGMも気に入ってしまい、
我慢できずにCDも買ってしまいました。

爽やかな曲ばかりで&リラックスして聴ける曲ばかりで、
何度聴いてても全然飽きません。
c0084117_2026330.jpg
なので、チョビを看護しているときも、BGMとしてずーっと流していました。

チョビも気に入ってくれたようで、
子守唄のように聴きながら、気持ちよく寝ていたような気がします。
c0084117_2037263.jpg
ほら、めっちゃ気持ちよさそうに寝てるでしょ?(笑)

そして、チョビがいなくなったいま、
久しぶりに聴いてみようかなぁと思い、このCDをかけてみたら・・・。
c0084117_20381286.jpg
チョビを看護していたころの日々が、次から次へと頭の中いっぱいに蘇ってきて、
涙が止まらなくなってしまいました。

流れてくる曲ごとに、
しんどそうにしていたチョビ、それでも頑張っていたチョビを思い出し、
c0084117_20495394.jpg
病気と闘いながらも、
一緒に前向きに楽しく過ごしてきたチョビとの毎日を思い出し、
大泣きしてしまうんです。

そして、このCDを聴いてたときは、
チョビがそばにいてくれたし、撫でることもできた。
c0084117_20504453.jpg
でも、いまは曲は流れてきてもチョビはいない・・・そう思ったらもう(涙)。

ダメだ、まだ聴けない・・・。

でも、いつか聴けるようになる日が来るのかな。
c0084117_20511191.jpg
チョビと過ごしてきた楽しい毎日を思い出しながら、
泣かずに聴けるようになる日が来るのかな。

その日が来るまで、このCDは引き出しにしまっておきます。
by uchi-mame | 2016-01-22 20:20 | お気に入り・雑貨 | Comments(4)
Commented by ラッキー&ゆず at 2016-01-23 00:14 x
うん、わかるなぁ~
音楽と思い出はいつも一緒だよね。
走馬灯のように当時のことが頭に浮かんできます。

泣かずに聴ける日がきっときますよ!!
Commented by sternenlied at 2016-01-23 16:06
音楽や匂いを通して思い出がよみがえってくることってよくありますよね。
楽しい思い出と悲しい思い出が繋がってる音楽、いつかなつかしく
楽しく思い出しながら聞ける日が来ればいいですね。

「パンとスープとネコ日和」、群ようこの原作によるドラマだったのですね。
群ようこの「かもめ食堂」好きです。
Commented by uchi-mame at 2016-01-23 20:51
ラッキー&ゆずさん・・・
分かっていただけて、めちゃくちゃ嬉しいです!
ありがとうございます!!
そうなんですよね・・・音楽と思い出はいつも一緒なんですよね。
そう思ったことって、いままでにもたくさんあったと思うんだけど、
チョビがいなくなったいま、
音楽を聴いてると涙が止まらなくなってしまう自分を見てて、
改めて、音楽と思い出とのつながりを強く深く感じました。
私の母親は、実家で飼っていたリリーが亡くなったとき、
落ち込んでいた母親を見て、少しでも元気になってもらおうと思ったお友達が、
コンサートに誘ってくれたそうです。
で、母親も気晴らしになるかと思い、出掛けてみることにし、
いざコンサートが始まったら、涙がポロポロと止まらなくなってしまったそうです。
そのコンサートって、ド演歌だったんですけどね(笑)。
ジャンル関係なく、音楽を聴いてるだけで泣いてしまうんですよね・・・。
私は、TVを観てるだけでもダメな日が多々ありました。
でも、いつか泣かずに音楽を聴ける日が来ますか???(笑)
ラッキー&ゆずママさんのお言葉を信じて、その日が来るのを待つことにします♪
Commented by uchi-mame at 2016-01-23 21:04
sternenliedさん・・・
そうですね!
音楽だけでなく、匂いでも思い出が蘇ってくるってことありますよね!
私の大好きなアニメに「クレヨンしんちゃん」というのがあるんですが、
そのアニメの映画のひとつに、「懐かしい匂い」を題材とした物語がありました。
とっても良いお話で、泣きながら観たのを覚えています。
匂いで思い出が・・・と言えば、
チョビが使っていた毛布などがしまってある引き出しとかを開けるとね、
いまも、チョビの匂いがするんです。
とっても嬉しくて懐かしくて、毛布を抱きしめながら泣いてしまうんだけど、
匂いが消えちゃうと悲しくなるので、すぐに引き出しをしめてます(笑)。
そうです!「パンとスープとネコ日和」、群ようこさんの作品です♪
そして、私の大好きな「かもめ食堂」もです♪
「かもめ食堂」のサウンド・トラックも持ってますよん。
sternenliedさんは、群ようこさんのファンですか?
キャホッ、私もです(笑)。
もし観たことなければ・・・ぜひぜひ!オススメです!!


<< 冬アイス 垂れ耳が忙しくなる天気 >>