新潟プチ社会科見学

歴史が苦手なおかあちゃんだけど、
新潟の歴史をちょっとだけ覗きに、長岡市まで行ってきました。

まず最初に向かったのは、「新潟県立歴史博物館」。
c0084117_2053171.jpg
前日に降った雪で、博物館周辺にはこんだけの雪が積もってました。

お客さんは誰ひとり居なく、おかあちゃんたちだけ・・・。
c0084117_2062384.jpg
おかげで、ゆっくり見学することができましたよ。

「新潟県の歩み」、「雪とくらし」、「米づくり」、
「縄文人の世界」、「縄文文化を探る」 の5つの展示室で構成されており、
特に、縄文時代中期を代表する土器の一種 「火焔土器」 が、
間近で見れるよう展示されています。

こちらは、復元したものです。
c0084117_207235.jpg
日本で一番最初に発掘されたのが、新潟県長岡市の馬高遺跡だそうです。

燃え上がる炎をモチーフとした土器。
c0084117_2073211.jpg
素晴らしいですよね。

じつは、おかあちゃんはこの頃の時代には興味があります(照)。

他にも、昭和30年代の雪国の雁木通りや雪下ろし、
縄文人の四季の暮らしを実物大のジオラマで復元して展示しているところもあり、
めっちゃ楽しめる博物館でした。

次に向かったのは・・・ランチです!(笑)
c0084117_2075930.jpg
創業40年以上の洋食の老舗 「レストラン ナカタ」。

可愛らしいマットが敷かれた入口を入り、
c0084117_2083515.jpg

お店は、階段を上がって2階にあります。
c0084117_209488.jpg

おとうちゃんが注文したのは、
ケチャップベースとデミグラスソベースの洋風カツ丼 「ハーフ&ハーフ(奥)」。
c0084117_209335.jpg
おかあちゃんが注文したのは、 「洋風カツ丼(手前)」。

「洋風カツ丼」 は、
長岡市のB級グルメを代表する、長岡発祥のものだそうです。

サクサク衣のカツの上に、
ケチャップにワインとしょうゆを加えた、
甘さとほどよい酸味のとろみあるソースがた~っぷりぷり!
どこか懐かしいお味でめっちゃウマウマでした~♪

「丼なのに、ごはんはどこ?」 って感じですよね(笑)。
c0084117_20141722.jpg
ごはんはですね、たっぷりソースの下に隠れてます。

店内も、これまた懐かしい雰囲気で居心地の良い洋食屋さんでした。

そして、歩いて次に向かったのは・・・さて、こちらはどなたのお宅でしょう?
c0084117_20151192.jpg
映画でも話題になった、山本五十六の生家です。

長岡空襲で焼けてしまったので、これは復元されたものです。
c0084117_20162213.jpg
中に入って見学することもできますよ。

で、「山本五十六記念館」 は、ここから歩いて2~3分のところにあります。

山本五十六は、長岡市出身。
太平洋戦争開戦時には連合艦隊司令長官を務め、
その生き方や歴史などが紹介された資料などが展示されています。
c0084117_20171057.jpg
戦死したときに搭乗していた機体の左翼も展示されてました。

そして、そこからまた歩いて向かったのは 「河井継之助記念館」。
c0084117_20181347.jpg
司馬遼太郎著 「峠」 の主人公として描かれた、
幕末の長岡藩家老である河井継之助の生涯を紹介した記念館です。

そして、河井継之助が幕末当時の日本で先駆けて導入した、
長岡城攻防戦に使用された手動機関銃 「ガトリング砲」 を復元したものも、
入口入ってすぐのところに展示されてました。

おかあちゃん、正直に言っちゃうと 「河井継之助さんって誰?」 なんだけど、
「ガドリング砲」 だけは聞いたことあるぞ~!

そして、そこからまたまた歩いて向かったのは 「長岡戦災資料館」。
c0084117_2019864.jpg
終戦直前の1945年8月1日、
長岡市に、アメリカ軍のB29による焼夷爆撃が始まりました。

新潟県内唯一の大規模な戦災都市として空襲の事実を語りつぐとともに、
平和への想いを、焼夷弾などの被災資料や映像やパネル展示で、
よりリアルにそのときの状況を伝える場として作られた資料館だそうです。

って、ここまで見て回ったら、日が暮れてしまい冷えてきたので、
今回の 「新潟プチ社会科見学」 はここで終了。

帰り際に、夕飯を買おうと駆け込んでお持ち帰りしたのがコチラ。
c0084117_20195859.jpg
旅行雑誌などにも紹介されてた、江口だんごの 「五色団子」 です。

夕飯にお団子って・・・スンマヘン!

こしあん・抹茶・ごま・しょうゆ・海苔の5つのお味が楽しめ、
県内産のコシヒカリを使った自家製の上新粉で作られたお団子だそうです。

で、五色団子の上にちょこっと写っているのは 「お茶豆もち」。
「おちゃめもち」 と読みます。
c0084117_2021333.jpg
黒崎茶豆(枝豆)を茹で上げて細かく刻んで飴にし、
新潟県を代表するもち米 「コガネ餅」 と組合せたお餅だそうです。
こちらも、めちゃくちゃウマウマでした~♪

まだまだこんなもんじゃないと思うけど、
少しだけ、新潟の歴史を知ることができた1日でした。

そして、ちょこっとだけ頭が良くなったような気がします・・・ハッハッハッ!
c0084117_20221459.jpg
・・・・・やだ。
チョビったら、そんな目で見ないでくれる?(汗)
by uchi-mame | 2016-02-01 20:51 | お出かけ | Comments(8)
Commented by daikatoti at 2016-02-02 04:44
おはようございます。(早く起きすぎました)
新潟いいですね〜、行きたくなりました。
建物も面白いし、食べ物もみんなおいしそう。
洋風カツ丼はありそうでないね^ ^
当地のあんかけスパゲッティの同類かな。
レストランの看板の字が気に入りました。
縄文土器の本物も、もちろん見たい。
Commented by uchi-mame at 2016-02-02 17:56
daikatotiさん・・・
お、おはようございます(汗)。
めちゃくちゃ早起きされましたね(笑)。
ムリヤリ起きる早起きはイヤだけど、目が覚めてしまった早起きはけっこう好き♪
ちなみに、私は5時に目が覚めてしまい、そのまま起きました!
つたない文章力のチョビブログを読んで新潟に行きたくなってくれたこと、
とーっても嬉しいです!ありがとうごじゃいます!!
住んでみて分かったんですが、新潟って意外と見るトコ&面白いトコあるみたい。
ちょっと(かな?)車を走らせれば、まだまだ知らないトコたくさんで、
楽しめるトコもいっぱいあるようです。
なので、思わず新潟のガイドブックを買ってしまいました~(照)。
daikatotiさん家地方にも新潟にも、
その地域独特の美味しい食べ物って、いろいろとありますよね。
洋風カツ丼は、お店によって見た目やお味とかも違うみたいなので、
あちこち食べ比べてみたら面白そうです。
私たちが食べたお店は、店内にマンガ本とかもズラズラ~と置いてあったりして、
この看板を見ても、全体的に昭和って感じで私も気に入りました♪
縄文土器の本物さんは、とっても綺麗に分かりやすく見やすく展示されてるので、
めっちゃ近くでじっくりと細かいトコまで見ることができますよ。
季節問わず楽しめることいっぱいの新潟へ、いつかぜひ!
Commented by o-hikidashi at 2016-02-02 22:02
ずいぶんお勉強されてますねー!
ワタシも旅先では資料館や博物館を見るのが好きです。
雪ざらしが見たかったけど今はやってなくて『塩沢つむぎ記念館』を昨年見て帰りました。
その前の年は車で(四国からやでー)八海山酒造を訪ねました。
でもまだできたばかりでオープンしてないところもあったりでしたが、石川雲蝶も見てきましたヨ。
『駒の湯山荘』に泊り、このランプの宿は再訪したいくらい。
長岡の友のブログを拝見していたらいいなあと思うところばかり。
あ、ちなみに酒友でもありますので酒情報もたっぷり~。^^
Commented by maki-poki at 2016-02-02 23:28
情報満載ですね!
立派な資料館ですね〜
アカデミックな事は苦手ですが、とてもわかりやすく紹介してくれて、なんだか新潟を一緒に旅してる気分になれました!
洋風カツ丼、初めて知りましたよ!
元気がモリモリ出てきそう♪



Commented by min_y at 2016-02-03 10:05
二枚目の雪景色、雪を被ってるのは巨大な縄文土器?
去年、TVで縄文時代のことやってて(その番組では青森の三内丸山遺跡)とても面白かったです。縄文時代ってもっと原始的な社会かと思ってたけど、全然そんなことはなくて、しかも1万年以上も続いたんですね〜
縄文人の四季の暮らしのジオラマ、見てみたいです^^

この洋食レストラン、昭和レトロで懐かしい雰囲気。ボリュームたっぷりな洋風カツ丼も超高カロリーだけどおいしそう。私が学生だった時代にタイムスリップできそうなお店だな。
Commented by uchi-mame at 2016-02-03 20:09
o-hikidashiさん・・・
「ずいぶんお勉強されてますねー!」だなんて・・・めっちゃ照れるナリ(笑)。
o-hikidashiさんは、いろんなところにご旅行されているので、
もしや・・・と思ってたんだけど、
まさか、「塩沢つむぎ記念館」まで見に行かれてたとは!?(驚)
機織り機は体験されましたか?
たくさんの機織り機やその材料もいろいろ並んでて、
見てるだけでウキウキしちゃう、めっちゃ楽しいところでしたよね!
八海山酒造にも行かれてたなんて・・・しかも、遠い四国からっ!?(再驚)
本当にスゴイです!感動しています!!
新潟は、お酒好きな方々には堪らんところばっかって感じでしょうか(笑)。
「石川雲蝶」は、新潟県民であるおとうちゃんも知らなかったみたいです。
ってことで、ちょっと調べて見に行ってみようってことになりやした!
素敵な情報をありがとうございます♪
長岡にお友達がいらっしゃるんですね・・・。
私も、新潟のことをいろいろ勉強して、小さいチョビと一緒にあちこち出掛けて、
またチョビブログで紹介できたらいいなぁって思ってます♪
Commented by uchi-mame at 2016-02-03 20:23
maki-pokiさん・・・
ホントにね、すっごく大きくて綺麗で立派な歴史博物館だったよ。
博物館に到着したときは、雪に覆われててその大きさが分からなかったの。
でも、いざ館内に入って見学し始めたら、めちゃくちゃ広くてビックリ!(笑)
見応えた~っぷりで、1日中居られるって感じ?
でも、ひとつひとつゆっくりじっくり見てたら、1日じゃ足りないかもね(汗)。
子供たちにも分かりやすく&飽きないように(笑)展示されてたり、
解説や紹介されてるから、大人も子供も楽しめる歴史博物館って感じで、
私も、何度でも行ってみたい・・・って思ったよ。
洋風カツ丼、ボリュームたっぷりで美味しそうでしょ?(笑)
この料理が目の前に運ばれてきたとき、一瞬「湯たんぽ」に見えちゃった♪
このカツの上に乗っかってるケチャップソースが、すっごく懐かしいお味で、
子供のころに食べたような・・・そんな感じがしたんだよね。
世の中には、まだまだ知らない食べ物がいーっぱいだね(笑)。
Commented by uchi-mame at 2016-02-03 20:35
min_yさん・・・
そうです!雪に埋もれているのは、巨大な「火焔土器」です。
もちろん、復元されたものです(笑)。
縄文時代の生活や文化って、とっても面白いですよね。
私も大好きで、学校で習った歴史といえば、この縄文時代の頃しか覚えてない(笑)。
展示室には、縄文時代の生活などが四季毎に実物大にジオラマで紹介されてて、
その中を歩きながら見学するんだけど、
そのジオラマがめっちゃリアルに作られてるもんだから、
歩いていると話しかけてきそうで、ビクッとするときもありました(笑)。
もちろん、ワンコもいます♪
この頃から、ワンコは大切な家族の一員だったんですね~♪
この洋食屋さんは、外観も店内も何もかもがとっても懐かしい雰囲気でしたよ。
うん、まさに「昭和」って感じ?(笑)
子供の頃、母親がよく連れてってくれたレストランも、
こんな感じだったなぁって思い出しました。
こういう昭和を感じる懐かしいお店、いつまでもそこに居てほしいですよね!


<< 福はーうち! 鬼もーうち! ガッタントントン! >>