自然の宝庫

先週末(1月31日)のことです。

「今日なら、綺麗な景色が見れるかも!」 とおとうちゃんが言うので、
車を走らせて向かったのは、水の駅 「ビュー福島潟」。

「福島潟」 の自然と文化の情報発信施設。
c0084117_17135358.jpg
7階建で、らせん状にグルグル登っていく展望台。
360度全面ガラス張りなので、
潟と田園風景などの全景を眺望することができます。

可愛らしい足跡を辿って館内へ。
c0084117_17152964.jpg
入場料を払って、エレベーターに乗り込んで屋上へ。

前日に雪が降ったらしいけど、
思ってたよりも積もっておらず、この景色。
c0084117_17164868.jpg
「福島潟」 とは、新潟市北区の南東部に位置する潟湖(せきこ)。

220種類以上の野鳥が飛来する新潟市内最大に潟で、
国の天然記念物の渡り鳥である 「オオヒシクイ」 の日本一の越冬地。
c0084117_1718154.jpg
そして、450種以上の水生・湿地植物が確認されており、
希少な植物 「オニバス」 は、福島潟が日本の自生の北限となっているそうです。

館内には、オオヒシクイの詳しい説明が紹介されてましたよ。

こちらがオオヒシクイさんです。
c0084117_17184386.jpg
大好きな食べ物は、ヒシの実・マコモ・コシヒカリ。

ハスキーな声で、「ガハハン!ガハハン!」 と鳴くそうです(笑)。
c0084117_17201792.jpg
「ところで、オオヒシクイさんってどんな鳥なん?」

はい、チョビ姉さんの質問にお答えします(笑)。
ちなみに、チョビ頭に乗っかてるのは、オオヒシクイさんではありません。

(ガイドブックより)
オオヒシクイは雁(がん・かり)の仲間で、国の天然記念物に指定されています。
ロシアのカムチャツカ半島から日本にやって来る渡り鳥で、
9月下旬から日本に飛来し始め、
翌年3月には、2400㎞も離れた故郷へ旅して帰ります。
c0084117_17453192.jpg
からだの大きさは、カモよりも大きくて、白鳥よりも小さい。
からだの色は、全体的に茶色。
チャームポイントは、オレンジ色と黒色のくちばしです。
冬を越すために日本に約1万羽飛来するうち、
毎年5千羽以上のオオヒシクイが、ここ福島潟で越冬します。

で、今年は1月29日に1300羽確認されたそうです。

それにしても、けっこう大きいでしょ?
c0084117_17464379.jpg
一番大きい鳥だと、羽を広げると1m60㎝にもなるそうです。

館内には、
オオヒシクイさんの大きさ&重さ(5㎏)と同じ実物大の人形があるので、
どんだけ大きいのか体験することができます。

それでは早速、おとうちゃんに体験していただきましょう!
c0084117_17485285.jpg
抱っこしてみたら、意外とズッシリしてて重いって。

もしかして、チョビとあまり変わらないかも?
c0084117_17494734.jpg
「なぬっ!?」

おいおい、なんちゅう持ち方してんねんっ!
c0084117_17501669.jpg
でも、そんな持ち方が出来るってことは、
やっぱり、チョビよりも軽い・・・ってことだよね(汗笑)。

残念ながら、
今日は、本物のオオヒシクイさんにお会いすることはできませんでした。

ところで、館内を歩くたびに気になるモノを発見!
c0084117_17544416.jpg
そしたら、可愛らしい絵が描かれた、
1階のミュージアムショップで売っていたのでお持ち帰り。

福島潟で採れたハスの実のドライです。
c0084117_17563178.jpg
枝の付いているものは、長さが80㎝もあります。

枝が付いてないのも売ってましたよ。
c0084117_1758455.jpg
ハスの実を飾ってると、なんとなく縁起が良いような気がしませんか?(笑)

福島潟は、ペットNGの場所もあるけど、
ぜひ、チョビと一緒に散歩してみたかった自然いっぱいの素敵なところでした。
c0084117_18226100.jpg
またいつか、小さいチョビと一緒に遊びに行こうと思います。
by uchi-mame | 2016-02-07 21:14 | お出かけ | Comments(2)
Commented by o-hikidashi at 2016-02-07 22:26
素敵…というか面白そうなところですね。
チョビちゃんは館内よりもお外がよさそうかな。
入口からのペタペタ足跡は?と興味津々。
詳しいご報告ありがとうございますー、おとうちゃんも登場で楽しく拝見しました。
めちゃ可愛いチョビちゃんの鴨かむり、ピッタリのタイミングで登場でしたねー。
蓮の実のドライ、この福島潟のかなあ。
Commented by uchi-mame at 2016-02-08 20:49
o-hikidashiさん・・・
そうですね、どちらかと言うと「面白そうなところ」が正解かも(笑)。
きっと、お子ちゃまに分かりやすく飽きずに楽しんでもらうため・・・と、
大人の私たちにも楽しく勉強してもらうための作り方だから面白くなってるのかも。
ちょっと今までに見たことのない展望台でしたよ。
チョビは館内NGだし、それよりも雪が積もった外の方が喜ぶと思います(笑)。
とにかく、めちゃくちゃ広かったから走り回るとこいーっぱい!
この可愛いペタペタ足跡は、たぶんオオヒシクイさんの足跡だと思います♪
なんか、こういうところも「面白そう!」ですよね(笑)。
ハスの実も、書いてはいなかったけど、たぶん福島潟で採れたものだと思います。
季節になるとハスの花が咲き、とっても素敵な景色が見れるそうですよ。
チョビの鴨かむり、撮っておいてよかったです(笑)。
とっても気に入ってたオモチャで、飽きずに毎日振り回して遊んでました(懐)。


<< 白鳥の湖 チョビ家の守り神 >>