チョビ家のゴミ箱

こちら、チョビ家のリビングに置いてあるゴミ箱。
c0084117_1729996.jpg
蓋が付いています。

チョビが来てから買ったものだから、もう15年以上の付き合いですね。

その前に使ってたゴミ箱は、
おとうちゃんが独身時代に使ってたアルミ製の円柱形のシンプルなもの。
c0084117_17294344.jpg
色は黒で、蓋は付いていませんでした。 (チョビ 生後11ヶ月ころ)

このゴミ箱は、
チョビが来てからも、しばらくは使ってました。

でも、ゴミ箱に頭を突っ込めるほどチョビも大きくなり、
生活環境にも慣れ、怖いもの知らずでやることなすこと大胆になり、
c0084117_17354980.jpg
やんちゃになってきたチョビは、
ゴミ箱から引っ張り出したゴミを振り回しては部屋中に散らかすようになって。

その光景はめっちゃ面白くて可愛かったんだけど、
「ちとマズイかな?」 ってことにやっと気付いたおかあちゃん(笑)。

慌てて蓋付きのゴミ箱を購入。
c0084117_17361131.jpg
「なんで、ゴミ箱変えたん?」 みたいな顔してる?(笑)

気に入らなかったのか、
何度もチョビパンチして倒したり、齧ったりしてたけど、
このゴミ箱にして以来、ゴミを引っ張り出すことも散らかすこともしなくなりました。

しなくなったんだけど・・・。

大人になってからのチョビは、
たまに、鼻先でゴミ箱の蓋をちょこっと開けてはパタンと閉めてました。
c0084117_17364841.jpg
何かがあるわけでもなく、何かを取ろうとするわけでもなく、
ただちょこっと開けては閉める・・・。

その不思議な行動がめっちゃ可愛くて笑えてね・・・プププ♪
c0084117_17413666.jpg
いまも、このゴミ箱を見るたびにその不思議な仕草を思い出し、
ニヤニヤしているおかあちゃんです。

もう色褪せてるし、あちこちボロボロだけど、
c0084117_1742234.jpg
チョビとの思い出がいっぱい詰まったゴミ箱なので、
一生大切に使っていこうと思ってます。
by uchi-mame | 2016-05-31 21:15 | お気に入り・雑貨 | Comments(4)
Commented by min_y at 2016-06-01 10:24
ゴミ箱の蓋を鼻先でちょこっと開けてはパタンと閉めていたチョビ、なんて可愛いんだーーー!!!
何かいいものが入ってるかな?って確認してたのかなぁ。
Commented by uchi-mame at 2016-06-01 21:00
min_yさん・・・
アハハ!ありがとうございますっ!!
何の目的があってしてたのかは分からないんだけど、
1日に1回は、鼻先でゴミ箱の蓋をちょこっと開けてはパタンと閉めていました。
その光景はめちゃくちゃ可愛くて、本当に面白かったです♪
チョビなりの何かの「儀式」だったのかな?
それとも、何かの「ゲン担ぎ」だったのかな?
1日に1回、この行為をするとイイコトがあるとかないとか?(笑)
それか、「何かいいものが入ってるかな?」かもしれませんね・・・ムフフ♪
ラスクやチョビたちが見せてくれる不思議で可愛らしい行動は、
どれも面白くて、私たちの気持ちをホッコリさせてくれますよね♪
チョビのそんな可愛らしい行動をひとつひとつ思い出しながら、
これからも書いていこうと思います・・・。
Commented by sternenlied at 2016-06-02 14:00
家のあちらこちらに置かれてる暮らしの物たちに
チョビちゃんの思い出が一杯詰まっていそうですね。
幼い頃のチョビちゃん、「なんで、ゴミ箱変えたん?」 みたいな顔してますよ(笑)
ゴミ箱のふたがバタンと閉まるのが面白かったのかも。
ワンちゃんって遊び心が豊かですよね。
Commented by uchi-mame at 2016-06-02 21:07
sternenliedさん・・・
何かを買うとき、チョビのことをいちばんに考えて買ってきたので、
チョビ家にあるものほとんどに、チョビとの思い出がいっぱい詰まっています。
なので、チョビが虹の橋を渡ってしまってからは、
何度も「この部屋に居たくない!」って泣きながら思いました。
その中でも、このゴミ箱にはいちばん思い出が詰まっているような気がします。
「なんで、ゴミ箱変えたん?」的な目をしてますか?(笑)
ムフフ、ありがとうございます!
喋れない分、目で訴えるのがワンコですよね♪
そして、私たちには想像もつかない遊びを見せてくれるってのも、
ワンコの可愛らしいポイントのひとつですよね(笑)。
チョビのゴミ箱の蓋をパタンってする仕草、
今までに何度も見てきたけど、そのたびにめっちゃ笑えました。
また見れる日が来るかしら・・・(懐)。


<< あの頃みんなは若かった チョビ毛 >>