チョビ号に乗って

9月23日の15歳の誕生日を過ぎた頃から体調が悪くなり、
食欲もなくなり、唯一食べていたフードもおやつも食べなくなったチョビ。
その日から、動物病院への点滴通いが始まりました。

1日目は、頑張って病院まで歩いて行くことができたチョビだけど、
次の日からは歩くことも難しくなってしまい、抱っこして連れて行きました。
c0084117_16274882.jpg
でも、体重が13㎏近くあるチョビを抱っこして連れて行くのは大変なこと。

それに、リンパ腫で体のあちこちが腫れてたもんだから、
チョビも抱っこされるのを嫌がってね・・・。

ドッグバギーを買おうかと思ったけど、届くのに時間が掛かるってことで、
おとうちゃんといろいろ考えて、
c0084117_1633420.jpg
ドライブボックスを台車に乗せて、ズレ落ちないように紐で固定し、
チョビを乗せて運んでみることにしました。

このドライブボックスは、
おかあちゃん実家で、弟くんの車にチョビを乗せるときに使おうと買ったもの。
シートがチョビ毛だらけになるのが申し訳なくて・・・。
c0084117_1634037.jpg
でも、弟くんが 「そんなこと気にしなくていいよ」 と言ってくれて・・・ありがとう。

なので、まだ使ったことがなかったんだけど、
まさか、こんな形で使う日がくるなんて思ってもいませんでした。
c0084117_1638643.jpg
中には、飛び出し防止ベルトが2本付いているので安心です。

ボックスの中にトイレシートを敷き、
その上にバスタオルを敷いて、チョビを抱っこして乗せて運ぶ・・・。

名付けて、「チョビ号」。
c0084117_16422117.jpg
動物病院の先生方は、「チョビちゃん号」 って言ってた(笑)。

こういうのに乗るのがめっちゃ苦手なチョビだから、
嫌がるかなぁと心配したけど、意外と気に入ってくれたみたいで。

オスワリして進行方向をガン見したり、
c0084117_16454983.jpg

チョビ鼻を高く上げて、外の空気をクンクンしたり・・・。
c0084117_16471639.jpg
なんだか、とっても楽しそうにチョビ号に乗ってたチョビ姉さん。

そんなチョビを見てたら、
可愛くて可笑しくて嬉しくて、涙が止まりませんでした。
c0084117_1712962.jpg
通りすがりの方々には、
「あら、かわいいわね~♪」 って声を掛けてくれたり。

病院の待合室では、
他の患者さんたちがチョビ号に乗ってるチョビを見て、
「おとなしく待ってて、お利口さんね~」 って声を掛けてくれたり。
c0084117_1715674.jpg
駐車場で会ったおじちゃんには、
「おっ! カッコイイもんに乗ってるな!」 って言われたっけ(笑)。

散歩にも行けなくなったから、
チョビ号に乗ったまま、日向ぼっこしたりもしました。
c0084117_1762012.jpg
久しぶりに、暖かいお日さまパワーをいーっぱい浴びて、
めっちゃ気持ちよさそうなチョビ姉さん。

毎日の点滴は大変だったけど、
c0084117_1773696.jpg
チョビ号に乗って病院通いしていた約2週間半は、
チョビとおかあちゃんにとって、とても幸せな時間でした。


チョビの一周忌までに 「闘病記」 を終わらせようと思ってたけど・・・。
あともう少しだけ続きます。


チョビと一緒に頑張ってきた闘病生活、カテゴリ 「闘病記」 にまとめました。
by uchi-mame | 2016-10-19 21:13 | 闘病記 | Comments(6)
Commented by min_y at 2016-10-20 09:45
やっぱりこのドライブボックス、ラスクが使っているのと全く同じですね! いつも歩いて連れて行ってる動物クリニック、いざという時はどうやって連れて行けばいいだろう(私も車の運転ができないので)と思っていたけど、チョビ号みたいにすればいいですね! ドッグバギーに比べるとお散歩の目線に近いし、チョビ号に乗っての病院通いもチョビはお散歩気分で楽しかったでしょうね。
Commented by uchi-mame at 2016-10-20 21:00
min_yさん・・・
やっぱり、ラスクと同じドライブボックスですよね!
しかも、同じサイズですよね!(嬉)
このドライブボックスの内側の色がグレーとピンクの2色あって、
どっちの色にするかってめっちゃ悩んだんです。
チョビは女の子だから、ピンクがいいかなぁ・・・って。
でも、グレーにしてヨカッタ・・・ラスクと同じ色だったから~♪
いつもなら歩いて行けるけど、病気になって歩くのが困難になったとき、
どうやって病院に連れて行けばいいのかって悩みますよね。
私も車の運転ができないので、「抱っこして連れて行けばいいじゃん」って、
何も考えずに、簡単にそう思ってました。
でも、チョビが病気で歩けなくなって抱っこして病院へ・・・をやってみたら、
めっちゃ重くて難しくて、絶対に無理だってことが分かって(涙)。
ドッグバギーもいろいろあって探してはみたけど、けっこういいお値段だし、
注文して届くまで日数が掛かるし、レンタルでないかと探したけど無かったしね。
そこで、このチョビ号はオススメです!(笑)
ラスクママさんのおっしゃる通りで、
このチョビ号なら、散歩しているときのチョビの目線の高さに近いんです。
だから、こういう乗り物が苦手なチョビも、嫌がらずに落ち着いて乗ってくれて、
オスワリして顔を出したりしてたんだと思います。
点滴通いは大変だったけど、チョビ号で短い距離でも散歩する毎日は、
チョビも私も、とっても楽しかったです。
あのときのチョビの楽しそうで気持ちよさそうにしていた顔、忘れられません。
Commented by ねね at 2016-10-24 11:00 x
チョビちゃん良い乗り物を作ってもらったんだね
ドライブボックスですか?知らなかったです
ネネは車の中では大きめクレートの開閉部分ではない側を
顔を出せるように主人が丸く穴を開けてくれてその中で
車が走り出すとすぐに横になっています…たぶん踏ん張らなくて良いから楽なのでしょう
チョビちゃん最後は辛い病気になっちゃったけど病院通いも
チョビちゃん号で楽ちんだったでしょうね
Commented by uchi-mame at 2016-10-25 19:12
ねねさん・・・
返コメが遅くなってしまってゴメンナサイ!
見ため的には少々アレだけど(笑)、「手作り」ってところに、
私たちの愛情が、少しでもチョビに伝わってくれたら嬉しいなぁと思いながら、
おとうちゃんといろいろ考えて作りました♪
ドライブ中のネネちゃんも、大好きなパパさん手作りの穴が開いたクレートに入って、
リラックスしながら乗っているんですね!
そうそう、ドライブ中のネネちゃんやチョビりくたちは、
「踏ん張らなくても良い」ってところも、大事なポイントみたいですね。
チョビのときは、後部座席で自由にさせていたから、
車が曲がるたびに、あっちへこっちへと振り回されていたからなぁ・・・。
もしかしたら、それが車酔いしてしまう原因のひとつだったかもしれません(泣)。
なので、りくはクレートの中にしっかりと入れてますよ!
チョビ号に抱っこして乗せたり降ろしたりするのも、
いま思えば、チョビの体にもかなりの負担があったと思います。
そして、毎日の病院通いも・・・。
でも、チョビ号に乗っているときのチョビは本当に楽しそうで、
いつも、ニコニコ笑ってました。
しかも、チョビ号で通院していたときは一度も雨に降られなかったんです。
チョビは雨女なのにね・・・ムフフ♪
短い期間ではあったけど、チョビ号は大活躍してくれました~!
Commented at 2016-10-31 23:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uchi-mame at 2016-11-01 20:45
鍵コメ(10-31 23:00)さん・・・
ありがとうございます!
「チョビ号素敵ですね」と言っていただけたこと、とっても嬉しいです♪
間に合わせみたいな感じになっちゃったけど、チョビも嫌がらずに乗ってくれたこと、
チョビ号に乗っての散歩を楽しんでくれたこと、私もめっちゃ嬉しくて、
あの日のことを思い出すたびに涙が出ます。
もう少しだけ長く、チョビ号に乗ったチョビと一緒に散歩したかったです(涙)。
チョビも、点滴をするために病院へ毎日通わなくてはならない日があって、
私は車の運転ができないので、チョビ号で通える近さに病院があって、
本当に助かりました。
それに、チョビは車に乗ることが苦手だったから、
チョビ号に乗って通院できたことはストレスにならずに良かったです。
鍵コメさん家のように広くて素敵なお庭があれば、外へお散歩に行かなくても、
お庭を少し歩いたり、日向ぼっこしたり・・・気晴らしになっていいですよね~♪
私たちの大切な我が子は、褒めても褒めても足りないくらい頑張りました!
もっともーっと褒めてあげたいのに、
ギュッと抱きしめて、「頑張ったね!エライぞ!」って褒めてあげたいのに(涙)。
鍵コメさんもたくさん頑張りました!
いつかお会いできる日が来たら、ギュッと抱きしめたいです♪


<< 術後の散歩 無事に終わりました >>