病気発覚

チョビが 「リンパ腫」 に侵されていると分かった日から、
もうすぐ1年になろうとしています。

話が行ったり来たりすると思いますが、
そろそろ、チョビの闘病生活を少しずつ書いていこうと思います・・・。


チョビの異変に気付いたのは、2015年5月下旬。
おかあちゃん実家に帰省しているときでした。

5月20日に、おかあちゃん実家近くの病院で 「犬ドック」 を受け、
先生からは、「14才とは思えない素晴らしい結果です!」 とビックリされ、
c0084117_042650.jpg
「健康優良児だね。このまま頑張るんだよ」 と言っていただいたのに。

その数日後のことです。
チョビを撫でてたら顎の下にポコポコと、
いままでに触ったことのない硬いものが手に触れて・・・。

「これは、ちょっとヘンだぞ」 と思い、再び病院に行って診てもらったところ、
「リンパ腫の可能性があります」 と言われました。
c0084117_0434469.jpg
そして、「専門の病院を紹介しますので、すぐ検査を受けてください」
とも言われて・・・。

このときは、先生の言葉が信じられず、
「まさかね~」 なんて、冗談にしか聞こえませんでした。
c0084117_1926085.jpg
なので、「ちょっと考えます」 とだけ伝えて、その日はそのまま帰りました。

そして、セカンドオピニオンとして、
弟くんの車で、旧チョビ家地方でお世話になってた病院へ連れてってもらい、
慣れ親しんだ先生に診てもらったところ、
やはり、「リンパ腫」 という結果が出てしまいました。

もう、おかあちゃんの頭の中は真っ白になり、目の前は真っ暗になりました。
でも、まだ信じられず、また冗談を聞いているような感覚に陥り、
とっても不思議な気持ちになってました。
c0084117_19265770.jpg
さらに、いまの状態を詳しく知るために、
先生が予約してくれた大きな病院にチョビを預け、詳しく検査してもらうことに。

検査が終わるまでの時間はとても長く、
チョビが診察室から出てくるのを、待合室でひとりで待っていたとき、
怖くて体の震えは止まらず、手はめちゃくちゃ冷たくなり、
何度も、「ここから逃げ出したい!」 という気持ちに押し潰されそうになりました。

でも、いまチョビは頑張ってる!
c0084117_1929579.jpg
自分のために、おかあちゃんたちのために頑張ってるんだ!と思ったら、
「こんなこと考えちゃいけない!しっかりしなくちゃ!」 と思い直し、
頑張って待つこと3時間ちょっと。

検査結果は、「ステージⅤのリンパ腫」。

ここまで詳しく検査してもらって出た結果なのに、
まだ信じられずに&信じたくないと思っていたおかあちゃんです。
c0084117_19293344.jpg
だって、検査した内容を先生から丁寧に分かりやすく説明してもらってる間、
チョビは、シッポをブンブン振り回しながら、
おかあちゃんや先生方の周りを楽しそうに歩いてるんだもの・・・。

そんなチョビが大きな病気に侵されているなんて・・・。
絶対に治らない大変な病気に侵されているなんて・・・。

これは夢でもなんでもない、辛くて悲しい現実。
そう思ったら、涙がポロポロ溢れ出して止まらなくなりました。

でも、チョビの前では絶対に泣かないと決めたおかあちゃん。

その夜は、
可愛らしい寝息をたてながら隣で寝ているチョビを撫でながら大泣き。
c0084117_19302016.jpg
チョビを失う日が来るのかと思うと、怖くて大泣き。

そして、チョビとの闘病生活が始まりました。
by uchi-mame | 2016-05-23 21:03 | 闘病記 | Comments(12)
Commented at 2016-05-23 22:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by o-hikidashi at 2016-05-24 09:55
チョビちゃん、悪性リンパ腫だったのですね。
人間との発症の違いはあるかと思いますが、亡き父も悪性リンパ腫でした。思い出すと悲しい…。
連休あたりは楽しそうなお出かけに、あっここ行きたかったところ~ふふ行ってよかったなあのところ~思わずコメントと思ったらコメ欄閉まってて。

↓腰痛もかなり痛そう…ワタシも神戸で痛さで歩けなくなり救急車で入院の経験あり。
同じく痛いのをだましだまし過ごしていてそうなりました。
同じく腰痛で手術した友人からも「腹筋!」退院後は何を持つにも腹筋でと気を付けてシニアに突入しておりまーす。
Commented by maki-poki at 2016-05-24 12:05
忘れられないショッキングな日…
今でも鮮明に覚えているんですね
苦しかったですね…

私も、ももの健康診断定期的にやってるんですが、
犬ドッグにちょっと不審感が…
ステージ5なのに、なんでわかんなかったんだろう、、
きっとワンコと人間では進行の速さが違うのですね…

ママさん、お腰が辛いのも大変。
何処の箇所でも『痛み』ってホント気が滅入っちゃうもんね。
早くおさまりますように!


Commented at 2016-05-25 01:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by min_y at 2016-05-25 11:07
病気が発覚した当初はステージⅤでも元気そうだったんですね。しかも直前の「犬ドック」でも良い結果だったのだから、信じられないという気持ちわかります。もともと元気そうじゃなかったらなんとなく覚悟みたいなのもできていたでしょうが、いきなりだから本当にショックで苦しかったでしょうね。
私は怖がりだからラスクが若い頃から「ラスクとはいつか別れが来る」と自分の気持ちに予防線を張っているのですが、それでもやはり宣告を受けたらショックだろうと思います。
Commented by nori_chiku at 2016-05-26 20:51
犬ドックを受けてチョビちゃんの健康に十分気をつけていたのに、しかも健康優良児のお墨付きをもらった直後なのに、なぜ…目の前のチョビちゃんがいつも通り元気いっぱいなだけに、余計受け入れられなかったことでしょう。
チョビちゃんのことがあってから、私も、ラスクママさんが言うように心に予防線を張っています。でも、覚悟ができているかと言うとそんなことはまったくなくて、ちくわがちょっと体調を崩しただけであらぬ妄想におそわれます。
チョビちゃんの病気のこと、書いてくれてありがとう。でもあまり無理はしないでくださいね。
Commented by uchi-mame at 2016-05-27 17:59
鍵コメ(05-23 22:35)さん・・・
返事が大変遅くなってしまってゴメンナサイ!
そして、ありがとうございます。
鍵コメさんのワンちゃんも、体調の悪い日が続き、
心配で心配で涙が止まらない日があったのですね・・・。
鍵コメさんの気持ち、すごく分かります(涙)。
チョビも、鍵コメさんのワンちゃんのような症状が続き、
病院通い&点滴&薬服用していた毎日がありました。
チョビたちは喋ることができないうえに我慢してしまうところがあるので、
私たちが、その痛みをいち早く見つけてあげなくてはいけないんだけど、
それが難しいのが本当に悔しいですよね。
そして、ただただ「頑張って・・・」と祈るしかない(涙)。
でも、鍵コメさんのワンちゃんが元気になって本当に良かったです♪
鍵コメさんのお友達のワンちゃん、大往生ですね・・・立派です!
チョビも、みなさんから「大往生だね。親孝行だね」というお言葉をいただき、
涙が止まりませんでした。
鍵コメさんファミリーのみなさんも、
まだまだたっくさんの思い出を愛する我が子と一緒にいっぱい作りながら、
楽しい毎日を過ごしてくださいね!
Commented by uchi-mame at 2016-05-27 18:11
o-hikidashiさん・・・
返コメが大変遅くなってしまってゴメンナサイです!
そして、悲しい思い出を思い出させてしまったゴメンナサイ・・・。
人間とワンコとでは発症の違いや症状の違いはあると思いますが、
同じ病気と闘っていたこと、本人も家族も辛いですよね・・・。
この病気には勝てないのでしょうか・・・本当に悔しいです。
o-hikidashiさん、腰痛で救急車で運ばれたことがあるんですかっ!?
それって、めちゃくちゃ大変な腰痛じゃないですかっ!
もう大丈夫なんですか?普通に歩けてるんですか?
もう、無理しないでくださいね!腰痛は、油断禁物デスデスッ!!
やっぱり、腰痛には「腹筋鍛えるのダ!」がGOODなんですね(笑)。
腰痛持ちの方が多いことにビックリしてますが(笑)、
これを機に、みんなで腹筋を鍛え始めるのを想像したら・・・ムフフですね♪
Commented by uchi-mame at 2016-05-27 18:22
maki-pokiさん・・・
返コメが大変遅くなってしまってごめんね!
もう1年になるのに、あの日のことはいまだに信じられないでいるの。
「あの日さえなければ・・・」って思っちゃうときもあってね・・・。
私もね、健康診断を受けたばかりだったのに「なんで?」って思った。
こんなに進んでいたのに、検査結果に出なかったのが本当に不思議で信じられなくて。
でも、ももママさんのおっしゃる通りで、
「ワンコと人間では進行の速さに違いがあるんだなぁ」って思ったし、
「検査って、そんなもんなのかなぁ」なんて思ったりもしたし、
逆に、「私がチョビの異変に気付いてあげられてよかったなぁ」とも思ったんだ。
誰よりもいち早く我が子の異変に気づけたことが、なんだかとっても嬉しかった♪
そして・・・私の腰まで心配してくれてアリガトウ!
本当に、何をしてても常に「痛み」があるのってしんどいよね~(汗笑)。
「この状態で梅雨時期に入ったらどうなるんやろ?」って考えただけでも怖い(笑)。
Commented by uchi-mame at 2016-05-27 18:42
鍵コメ(05-25 01:12)さん・・・
返コメが大変遅くなってしまってごめんなさい!
そして、鍵コメさんにまで辛い思いをさせてしまってゴメンナサイ!
私も、この病気が発覚した日のこと、
書いては消して書いては消してをずーっと繰り返してて、
やっと投稿できたと思ったら、体調が悪くなっちゃって・・・(涙)。
おとうちゃんには、「なんで書いちゃったんだ!」って言われてしまいました(笑)。
この先、続けて書いていけるかどうか分からないけど、
体調の良い日に、少しずつ思い出しながら書いていきたいと思ってます。
私の体調のことまで心配していただき、ありがとうございます!
めちゃくちゃ嬉しかったです・・・クスン。
チョビのことも、私の腰痛のことも、
何もかも全てが、ゆっくりと前に進んでいけたらいいなぁって思ってます。
Commented by uchi-mame at 2016-05-27 20:21
min_yさん・・・
返コメが大変遅くなってしまってごめんなさいデス!
本当にチョビは食欲もあって、普通に散歩もしてて元気だったから、
病名を言われたとき&ステージⅤまで進んでいると聞いたときは、
私も信じられなかったし、先生も信じられなかったみたいです。
ラスクママさんのおっしゃる通り、どこか少しでもおかしな症状が出てれば、
「何かしらの病気に侵されている」という覚悟は多少できたかなぁって思いますよね。
なので、本当にショックというか、何も考えられなくなってました。
私もめちゃくちゃ怖がりだから、いまだにこんなんなんだと思います・・・。
「いつか・・・」という予防線を張るだけで、
宣告されたときのショックは、もちろんあると思うけど、
宣告を受けたあとの病気と闘っていく心構えが少し違うような気がしました。
予防線を張るのって、とっても大事なことだと思います!
Commented by uchi-mame at 2016-05-27 20:32
nori_chikuさん・・・
返コメが大変遅くなってしまってごめんなさいっ!
そして、ありがとうございます。
本当に、「あの健康優良児ってなんだったの?」って思っちゃいました。
でも、こういうことってあるんですね・・・現実に(涙)。
どんなに健康に気を付けてても、健康診断をちゃんと受けてても、
予告もなく突然やって来る大きな病気にはなかなか勝てない・・・本当に悔しいです。
ちくわママさんも、予防線を張ってるんですね!エライです!!
私は、全然予防線を張っていなかったから、こうなっちゃったんですね・・・タハハ。
チョビが健康診断を受け、その結果を聞くたびに「何もありませんように!」
って願ってばかりで、「もしも・・・」なんてことは考えたこともありませんでした。
だから、覚悟はできていなくても「予防線を張る」って大事なことなんだなぁと、
ラスクママさんのお話を聞いて、改めてそう思いました。
こちらこそ、辛いお話を聞かせてしまってスミマセンでした。
この先のお話、また気持ちが落ち着いたときに書いていこうと思ってます♪


<< パン屋さんでモーニング 2年振りのやかましい検査 >>