優しい我が子たち

昨日は、チョビの14回目の月命日でした。

チョビがこの世を旅立って1年以上経つけど、
いまだに、突然寂しさに襲われては大泣きしてしまう日があります。
c0084117_207358.jpg
パニックになって、体がガタガタと震える日があります。

このことは、誰にも言ってません。

知ってるのは・・・りくだけだね。
c0084117_2073835.jpg
「はぇ?」

つい先日も、チョビのことを思い出したら怖くなって、
涙が止まらなくなってしまいました。

ソファに座って大泣きしてたら、隣で寝てたりくがガバッ!起き上がって、
お目目をまん丸くさせて、おかあちゃんを心配そうに見上げます。
c0084117_2093915.jpg
そして、立ち耳をペタンと倒しながら寄って来て、
おかあちゃんのお腹に顔を埋めては見上げて・・・を何度も繰り返すりく。

それは、まるで 「おかあちゃん、だいじょうぶ?りくはここにいるよ」 って、
慰めてくれてるように見えて・・・泣きながら、りくをギュウー!

この日だけでなく、
いつからか、おかあちゃんが泣いていると慰めてくれるようになったりく。

まだ生後8ヶ月のお子ちゃまなのにね。
c0084117_2012577.jpg
「おかあちゃんが逆さまに見える・・・なんで?」

ひとりでひっくり返って遊んでるお子ちゃまなのにね(泣笑)。

チョビ?
チョビの弟のりくは、めっちゃ優しい男の子に育ってるよ。
c0084117_20134756.jpg
これも、全てチョビのおかげだと思ってる。

チョビと15年間一緒に暮らしてきて、
おかあちゃんは、チョビからいろんなことを教わった。
その教えてもらったたくさんの中に、「チョビの優しさ」 もあって、
それをいま、おかあちゃんはりくにしてあげてるだけ。

りくが優しい男の子に育っているのは、チョビのおかげだよ。
c0084117_20222856.jpg
ホントにありがとう!

そして・・・。

りくも、チョビ姉のように、
c0084117_20234448.jpg
いつまでも、誰にでも優しい男の子でいてね。


今日は、コメント欄閉じます・・・(ペコリ)。
by uchi-mame | 2016-12-12 21:32 | 記念日


<< 薬の量 それは座るものではなくて >>