耳そうじ

チョビがまだ8ヶ月の子犬だったころ、外耳炎になったことがあります。

あまりにもしつこく左耳をカイカイするちびチョビ。
どうしたのかと思い、垂れ耳をペロッとめくってみると、
チョコレート色のベトベトした分泌物があり、カイカイした足の爪で皮膚にキズがつき、
出血までしていました・・・ そして、すごく臭いっ!

ビックリして病院に連れて行ったところ・・・診断結果は、外耳炎。

そのときいただいたお薬が、いまも使っている 「犬猫用イヤークリーナー」。
c0084117_20501145.jpg
炎症を起こした左耳の中に、この洗浄液を入れ、クチュクチュ優しくマッサージ。
そして、脱脂綿やティッシュで拭き取ります。

1日3~5回のペースで数日間洗浄し、外耳炎は治ったけど、
いまだに、左耳は右耳に比べて、汚れやすいような気がします。

外耳炎の特徴である分泌物や臭いや炎症がなければ、
ムリに耳そうじをする必要はないらしいけど、垂れ耳は耳介が耳道を塞ぎ、
外耳炎になりやすいと聞いた事があるのでね・・・。

心配性のおかあちゃんは、毎日チョビの耳をチェック!

そして、ちょっとでも汚れているときは、
洗浄液をたっぷり染み込ませた脱脂綿で優しく拭き、
クチュクチュマッサージは、週1回のペースでやってあげています。

でも・・・チョビは、このクチュクチュって音がする耳そうじが苦手みたい。

この洗浄液の箱を見ただけで、ダーッと逃走するチョビを、
おとうちゃんとふたりで追いかけて確保し、手早くクチュクチュ!

そんなチョビの逃げ場所は、
リビングからいちばん遠い(といっても、すぐそこだけど)ところにある、
おかあちゃんたちのベッドの上。

本人は、これで隠れているつもりらしい(笑)。
c0084117_21223161.jpg
ペロッて舌なんか出しちゃって・・・そんな可愛い顔してもあかんよ~♪


耳そうじの 「クチュクチュ=おやつ」 方程式には、
どうも納得がいかないみたいやね。
by uchi-mame | 2007-05-09 22:07 | 健康・身体 | Comments(2)
Commented by maki-poki at 2007-05-14 14:19
クチュクチュのお薬のパッケージ、オシャレね〜。
マメにお手入れしてもらってチョビちゃんはしあわせや〜
いあ〜ももちゃんは全然してませんのよ〜(苦)
小さいときは弱かったけど、大きくなってからは獣医さんにも不思議そうにオッケーをもらってます。匂いは犬臭いけどね。
チョビちゃんの舌出した甘え顔がかわいいです。
Commented by uchi-mame at 2007-05-15 21:18
maki-pokiさん・・・
じつは・・・、ついついさぼっちゃうことあるのよー。
こんな顔でイヤイヤされちゃうと、明日にしよっか!って思っちゃって、そのままズルズルと・・・
まったくダメな親です(笑)。
“犬臭い” は、耳が汚れてきているのも原因のひとつらしいよ。
言葉で伝えられない分、体全体で、私たちに何かを伝えようとしているのかもね。


<< 2つのスニーカー クンシラン >>