毎月、絞ってもらってます

チョビの可愛い肛門ちゃまです♪
c0084117_1541151.jpg
シッポがUPしているので、散歩しててもこの通り丸見えで~す!(照)

チョビは毎月1回、
この可愛いお尻を動物病院の大好きな先生に見せに行っています。
な~んてのは冗談だけど、あるモノを絞り出してもらいに行っているのです。

ワンコには、「肛門腺」 というお尻の穴の奥左右(4時と8時の位置に)に、
臭い分泌物を出す小さな袋が2つあります。

ワンコによっては、
排泄のときや興奮したときなどに少しずつ出せる子もいるらしいんだけど、
自分の力で出すことのできないワンコは、
トリマーさんや動物病院で処置してもらわないと、どんどん溜まって、
炎症を起こしてしまうこともあるのです。

実家で飼っていたリリーは、
外飼いで臭うこともなく、自力で出していたようなので、
肛門腺の存在に気づくこともなかったし、全く知ることもなかったけど、
チョビは違っていました。

チョビがまだ小さかった頃、
突然、お尻が赤く腫れちゃうほどしつこく舐めるようになり、
ムズムズ痒いのか、ズッズッズッとお尻で歩く行動を見せるようになりました。

そんなある日、肛門ちゃまから出血がっ!?

慌てて病院に連れて行った結果、肛門腺が炎症を起こし、ひどく化膿していました。
そのときに初めて、「肛門腺」 を知ったおかあちゃん・・・勉強不足でした(涙)。

その日から、薬を飲んだり、肛門腺を洗浄し続けること数週間。
なかなか治らず、手術で肛門腺を切ってしまおうかとまで考えた日もあったけど、
どうにか頑張って完治してくれてチョビ。
それ以来、定期的に絞ってもらっているのです。

一応、絞り方(シッポを持ち上げ、肛門を指で挟んで押し上げるように)は、
先生に教えてもらったんだけど、
チョビの肛門ちゃまは、他のワンコに比べて引っ込んでいるらしく、
おかあちゃんたちが絞るには、ちょっと難しいらしい。

でも、先生は痛くないよう上手に絞ってくれる・・・さすがプロ! 助かります♪
(ちなみに、1回絞ってもらうと¥1050かかります)

大好きな先生にお尻を絞られ、めっちゃ気持ち良さそうなチョビ。
c0084117_16385195.jpg
他のワンコは、嫌がって暴れたりするらしいけど
チョビは、絞ってもらえばスッキリすることを理解しているようで、
嫌がることなくされるがまま。

さすが病院大好き娘やね・・・めっちゃ助かります!

ところで、この肛門腺をワン友たちは 「めっちゃ臭い!」 って言うけど、
おかあちゃんは臭いって思ったことがないんだよね。
そりゃ、ちょっとは臭うけど、「ふぐぉ~!」 って叫ぶほどの臭いではないかと。

う~ん、ワンコによって個性があるのかな?

それとも、
おかあちゃんの臭覚機能が 「チョビ臭」 で麻痺しちゃっているのか!?(滝汗)

どちらにしても、
チョビの肛門ちゃまですら 「カワイイかも~♪」 と思ってしまうおかあちゃんは、
やっぱり、ウルトラ級の親ばかでしょうか?
by uchi-mame | 2007-11-10 22:38 | 健康・身体 | Comments(10)
Commented by りんママ at 2007-11-11 00:29 x
肛門腺、りんは全然絞った事もなく、ニオイも解らないです^^;
チョビちゃん毎月病院なのですね。でもスッキリするのがわかって大人しくしているチョビちゃん、賢いな~^^
Commented by 桂花香 at 2007-11-11 13:37 x
さつきは臭いのよ・・・ あっ肛門腺を絞ると・・・ですよ~
(ウンチの時にも時々ピッピッと出ているのを見るんですよ)

さつき自身の「さつき臭」はかーちゃんにはたまらないニホヒなんですが♪

うちも時々獣医さんやトリマーさんでやってもらってます。
うちの方は一回¥500です。
おとなしく絞らせてくれるなんてチョビちゃんエライですね~

先日も足がカイカイになった時に獣医さんで絞ってもらったんですが、帰りの車の中がくっさーくなりました。
あの独特のにおいは何でしょ? チョビちゃんはあまり匂わない
ですね~ うちはなんであんなにクチャイんだろう・・・。
 
肛門腺絞り・歯石予防・その他色々ワンコだって飼い主が気をつけてやってあげなければいけない事が沢山あるんですよね~
私は一時ドックフードの事でかなり神経質になりました。
とても無知だったので・・・^^;フードジプシーもしましたよ・・・。
食べ物が体を作っているのだから、当たり前のことなんだけど^^;
今じゃあ~飼い主より良いもん食ってますよ・・・ToT

現在は爪切りをどれにしようか悩んでいる所です^^;
Commented by uchi-mame at 2007-11-12 14:06
りんママさん・・・
りんちゃんは、上手に自分の力で出しているんですね!ママさん孝行でエライッ!
ワンコによっては、溜まりやすい子と溜まりにくい子がいるみたいですよ。
チョビは溜まりやすく・・・神経質のせいか、ちょっと溜まっただけでも気になるみたい(悲)。
そうなんです・・・この7年間、毎月通って絞ってもらっているんです!
大変ですが、ついでに体重や体温を測ってくれたり、口耳目ひとつひとつ診てくれたり、
聴診器で心臓の音が正常かなどの簡単な健康診断を“無料”でやってくれちゃうんですよ♪
このサービス、嬉しいし安心だし・・・肛門腺のおかげかな?な~んて思っちゃいます(笑)。

Commented by uchi-mame at 2007-11-12 14:51
桂花香さん・・・
わぉ!さつきちゃんの肛門腺は、クチャイんですね♪ みんなそれぞれ違うんですねぇ。
チョビも、なんかの拍子にピッピッと出ちゃうことがあるようで、自分でクンクンしては
ペロペロ(!?)しているときがあります。やっぱり、臭いのかな・・・?
娘の健康を維持する為の、ドッグフード選びは悩みますよね・・・なんせ、種類が多すぎて。
チョビは、「肛門腺は、排泄回数を増やすと◎」と聞いたので、ウ○チがよく出るフードに
変えたこともあったけど、効果はゼロでした(涙)。
いまは、“7才からの~”のフードに変えていこうかどうしようか検討中です!
自分達であれこれ出来ない分、私達が気づいてあげなきゃいけないことって、
いっぱいあるんですよね・・・まだまだ勉強ですね(笑)。
ウチは・・・次は、りんちゃんを見習って『歯石取り』かな~♪
チョビの使っている爪切りは、動物病院で使っていたのと同じ物で、伸びた爪を輪っかの中に
挟んでパチンと切るタイプの物です♪
Commented by 桂花香 at 2007-11-12 15:07 x
チョビママさんの使っている爪切りは
「ギロチンタイプ」ってーヤツですな・・・。
さつきは1つだけ上の方にある爪がもう伸びていて・・・
切りたいんですが、かーちゃんは小心者なので^^;出来ずにいます。
でも「ギロチン爪きり」の方が使いやすそうですね。
 
さつきは、まだ肉球の調子が良くなくてToT AM中に病院へ行ったんですが・・・。
彼女ったら・・・緊張~のあまり私のフトモモの上に
「肛門腺汁」を出してくれましたの・・・オホホホホ~ToT/
もぅ~~っ洋服もかーちゃんの手も車の中も
クサイくさい臭い~。くっせーよっ!て感じです。
帰宅してすぐ全て洗濯でした。晴れてて良かったっす^^;
 
彼女ったら病院ではお尻にチカラが入るほど緊張していたようです^^;
自力で出してくれました・・・

追伸
体重が11.94Kgになってたの~ 花の11キロ台♪
かーちゃんは少し嬉しく思いました。
Commented by uchi-mame at 2007-11-12 21:56
桂花香さん・・・
さつきちゃん、ダイエット成功したんですね♪ おめでとうございまーす!
チョビは、11kg台なんて・・・とんとご無沙汰しちゃってます(悲)。
でも、先日測ってみたら300g減ってました・・・じつに、微妙な数値!(笑)
さつきちゃんの肉球くんが心配です。肛門腺汁が出ちゃうほど緊張しちゃうさつきちゃんも!
早く良くなって、通院の回数が少しでも減ってくれるいいですね!
チョビの爪切りは、「ギロチンタイプ」です!これがいちばん使いやすいんじゃないかと・・・。
さつきちゃんの伸びちゃってる爪って、『狼爪(おおかみつめ)』 のことかな?
チョビも、ウチで切ってます。病院で切ってもらうと¥800位かかっちゃうんで・・・。
娘の爪切りは、「勇気&思い切り」が必要ですよね。
私もドキドキで、ちょこっとしか切れません・・・なので、おとうちゃんに任せちゃってます(笑)。
噂ですが・・・爪切りに失敗すると、ピューってすごい勢いで出血するらしいですよ~(怖)。
ますます、切る勇気がなくなっちゃいますね・・・スミマセン(笑)。
Commented by min_y at 2007-11-13 11:04
肛門腺のこと、話には聞いていましたが、りんママさんと同じで実感がありません。毎回お散歩のあとで肛門もしっかり拭いているのであまり臭わないのかしら?
でも、チョビちゃんみたいに定期的に獣医さんに行く習慣があるといいですね。それがないと、ついついフィラリアの薬を与えるのも忘れがちになっちゃって。

爪切り、うちも夫に任せてます。というか、2人がかりで押さえつけて切ります。獣医をやってる友だちは、患者(犬)さんの爪を切りすぎて出血させてしまったことも何度かあるって告白してました。獣医さんだから安心ってこともないみたい。
Commented by uchi-mame at 2007-11-13 14:38
min_yさん・・・
ラスクちゃんとりんちゃん・・・やっぱり、同じ体質を持った兄弟なんですね。かわいい~♪
排泄のあと、肛門ちゃまを拭いて刺激を与えるのも効果があるって聞いたことがあります。
そうなんです!定期的に病院に通っていると、フィラリアやノミの薬を忘れなくて助かります!
ついでに、チョビの健康を維持するには・・・とか、いろんなことも聞けちゃうし・・・無料で(笑)。
ラスクちゃんも、爪切りが苦手なんですね♪ チョビもです・・・。
爪切りを見ると逃げ出しちゃうので、チョビを撫でながらさりげな~く押さえ込んでパチンッ!
獣医さんでも、出血させちゃうことがあるんですねー(笑)。
チョビの爪は、黒いのが何本かあるので・・・切るには、かなりの勇気が必要です!
Commented by maki-poki at 2007-11-20 21:22
間違いなく超ウルトラ級のおやバカです!(笑)
チョビちゃん、小さいときは大変だったね〜。でも今は立派な肛門さまだよ!へ〜ちょびちゃんは肛門絞りが好きなの〜?! 大好きな先生だから〜?
ももちゃんは大嫌いみたいです。
Commented by uchi-mame at 2007-11-20 22:53
maki-pokiさん・・・
でしょ、でしょ~♪ もう、何回「親ばか」と言われた事か・・・めっちゃ嬉しいんだけどね♪
肛門腺は、ホントに大変でした。
毎日のように病院に通い、液体の薬を針の先端が丸い注射器に入れ、それをチョビの
肛門ちゃまに挿入して洗浄・・・。
さすがのチョビも、何回か「キャ~ン!」と鳴いておりました(笑)。
治ってくれるのか・・・それとも手術に踏み切るか・・・と心配しながら続けてきた治療だったけど
そのおかげかな? 強い肛門ちゃまになってくれました(笑)。
私たち人間もそうだけど・・・優しい先生に出会うことって、とっても大事なことなんだぁって
思ったおかあちゃんです。


<< 事件だ! 事件だー!! いくつになっても、さびしん坊 >>