2017年 03月 05日 ( 1 )

チョビ鼻ふさがる

今日は、久しぶりのチョビの闘病記です。

まだちょっと書いておきたいことがあるのに、
闘病記を書いていると、チョビとお別れした日がどんどん近付いてきて、
それがめっちゃ怖くて書けないでいました。

でも、今日のお話は、チョビ的には大変なことだったと思うけど、
おかあちゃん的には新発見で、思わず可愛くて笑ってしまった看病話なので、
みなさんにも聞いてほしい&参考にしてほしいと思い書きました。

それでは、どうぞ・・・♪


知ってましたか?
c0084117_1952222.jpg
ワンコってね、ほぼ鼻のみで呼吸してるんですよ。

おかあちゃんも知らなかったんだけど、
動物病院の先生から聞いたときは、「えっ、そうなんですかっ!?」 って驚いて、
思わず、チョビの鼻を覗き込んでしまいました(照笑)。
c0084117_19554119.jpg
暑いときに舌を出してハァハァしているのは 「浅速呼吸」 といって、
体温調節しているんです。

いつも、ウルウルのテカテカで真っ黒の健康的なチョビ鼻だけど、
病気になってからは、体の中の機能が上手く働かず、
チョビ鼻も、乾いてガサガサになってしまったときがありました。
c0084117_19563663.jpg
写真では分かりづらいですか、このときもガサガサでした。

あまりにも酷くて痛そうに見えたので、
先生に診てもらい、薬を塗ってもらった日のことです。

ベッドで寝ていたチョビから 「スピースピー」 と、
いままでに聞いたことのない大きな寝息が聞こえてきました。
c0084117_2013621.jpg
慌てて見に行ってみると、少し苦しそうに呼吸している感じ。
どこか苦しいのかな?痛いのかな?と心配になり、
チョビの体のあちこちをよく見てみたら・・・。

アレッ?
鼻の穴、ふさがってないかい??(汗)

完全にはふさがってなくて、
ほんの少し開いている隙間から呼吸してたので 「スピースピー」 と鳴り、
苦しそうにしていたようです。

どうしていいか分からず、先生に電話して、
言われた通りに、綿棒を湿らせてチョビ鼻の穴に突っ込んでグリグリ~!
c0084117_203268.jpg
そしたら、ふさがっていたモノが綺麗にとれ、スピースピー音もしなくなり、
チョビもラクになったのか、呼吸も落ち着いて眠り始めました。

先生曰く、
チョビ鼻に塗った薬と鼻水が混じって乾いて固まってしまい、
穴をふさいでしまったようです。

このあとも、「スピースピー」 と鳴るたびに綿棒でチョビ鼻をグリグリ~!
c0084117_205444.jpg
初めは嫌がってたチョビだけど、
グリグリするとラクになるってことが分かったのか、
そのあとは嫌がることなく、気持ちよさそうにしてました(笑)。

チョビが病気になってから、やることなすこと初めてのことばかり。
c0084117_20104053.jpg
そのたびに、不安と心配と怖さでアタフタしてたおかあちゃんだったけど、
チョビのために頑張ったつもりだよ。

どうだったかな?(笑)


チョビと一緒に頑張ってきた闘病生活、カテゴリ 「闘病記」 にまとめました。
by uchi-mame | 2017-03-05 20:37 | 闘病記 | Comments(6)