カテゴリ:お出かけ( 78 )

ストレス発散

3連休の日曜日、
朝6時に出発したときは、雨が降っていたチョビ家地方だったけど、
目的地に着いたら、ピーカンカン!

ここは、栃木県にある 「佐野プレミアム・アウトレット」。
c0084117_19302548.jpg
おかあちゃん、初めて来ましたよ。

チョビ家地方に住んでて、アウトレットに行こうと思ったら、
ここか、富山県にある 「三井アウトレットパーク北陸小矢部」 。

おとうちゃんが、前日の出張で富山県から帰ったばかりってことで、
「佐野プレミアム・アウトレット」 に。

3連休のド真ん中だったけど、
下調べしておいたので渋滞にはハマることなく、9時半開店の15分前に到着。
c0084117_19305846.jpg
まだお店は開いていないので、通りは閑散としています。

すでに開いていたフードコートで、腹ごしらえのブランチをして、
お買い得品を探しにレッツラゴー!

天気が良くて、お日さまパワーも暖かかったので、
お店に入らずに、外をのんびり歩いているだけでも気持ちよかったです。
c0084117_19313523.jpg
しかし、時間が経つにつれ、たくさんのお客さんでごった返し、
通りを歩くのも、店内で商品を見るのも大変な状態に。

そして、ワンコ連れの方も多く見かけましたよ。

そのなかに、めっちゃ綺麗なボーダーコリーを見つけて、
思わず寄って行き、飼い主さんに声を掛けて撫でさせてもらいました。
c0084117_19333577.jpg
キラキラしたお目目で見上げられ、
おかあちゃんが撫でると、嬉しそうにシッポを振る・・・。

そんなボーダーワンコを見てたら、涙が出そうになってしまいました。

おかあちゃんも、チョビと一緒に来たかった。
c0084117_19285664.jpg
みんなに、「可愛いね~!」 って撫でてもらいたかったな(泣)。

で、約6時間もあちこちのお店を行ったり来たりとウロウロして(疲)、
頑張ってGETしてきたものがコチラ。

おとうちゃんは、ポロシャツ2枚&ゴルフ用ウィンドブレーカー1枚。
c0084117_19292324.jpg
パンツ2本に、スニーカー1足&テンピュールの枕。

そして、アイアンセット&ゴルフバーッグ!!
c0084117_19294386.jpg
なんだか、スゴいっしょ?(汗笑)

なかでも、ゴルフ用品は、
いま使ってるのが25年前のものってことで衝動買いしちゃったみたい(笑)。

おかあちゃんはね、ジーパン2本&イッタラの食器・・・以上です。
c0084117_1930326.jpg
なんだか、少ないっしょ?(笑)

でもね?
イッタラの食器は、ずーっと前から 「欲しい!」 と思ってたの。

でも、なかなかイイお値段なので買う勇気がなかった(笑)。
c0084117_19304877.jpg
なので、イッタラのお店を見つけたときは嬉しくて飛び込んだ!

スタッフさんといろいろお話してたら、
3連休ってことで、けっこうお安くなっててね・・・これまた衝動買い!

特に、このフクロウさんが描かれた、
「タイカ コーヒーカップ&ソーサー」 にはヒトメボレ~♪
c0084117_19311367.jpg
「タイカ」 とは、フィンランド語で 「魔法」 を意味するそうです。
名前の通りの幻想的なデザインで、落ち着いた雰囲気のモノクロもGOOD!

買い物としては、おとうちゃんよりも少ないけど・・・大満足です!(笑)


チョビが虹の橋を渡ってしまってから、
おかあちゃんは、チョビがいないことが寂しくて悲しくて辛くて怖くて、
心も体も、何もかもがボロボロになりました。
c0084117_1934687.jpg
そして、おとうちゃんを困らせてしまったり、迷惑を掛けてしまったり、
お互いにいろんなことを我慢して傷つけ合い、ストレスでいっぱいになりました。、

なので、こうやって好きなお店をたくさん見て回り、
欲しいものがあったら、お互い遠慮せず&気を使わずに衝動買いしたことで、
少しはストレス発散することができたんじゃないかなぁ・・・。
c0084117_19344837.jpg
なんて思っている今日この頃です。

形はどうであれ、たまのストレス発散も大事なことですよね。
by uchi-mame | 2016-03-22 19:46 | お出かけ | Comments(8)

電車を見に行こう

瓢湖で白鳥さんを見た帰り道、
看板を見かけて急遽行くことになった 「新潟市新津鉄道資料館」。
c0084117_152982.jpg
新潟市秋葉区新津(旧・新津市)は、
JR信越本線・羽越本線・磐越西線の交差する鉄道の要衝として発展し、
「鉄道のまち」 と呼ばれたそうです。
ここは、その鉄道文化を物語る様々な資料を保存・公開してる施設です。

チケットは、券売機で買います。

出てきたチケットを見ると、それぞれ違う列車の写真が・・・♪
c0084117_15325061.jpg
そして、入口でスタッフのおじさんがハサミでパチコンと、
「鋏こん(きょうこん)」 を入れてくれます。

館内は、鉄道の歴史から近代の技術までが紹介・展示されています。
c0084117_1534439.jpg
昔懐かしいモノもいろいろと並んでて・・・。

そのなかで、おかあちゃんがいちばん興奮したのはコレ!
c0084117_15351613.jpg
昔の切符の 「自動券売機」 が展示されてましたよー!

これ、めちゃくちゃ懐かしくて&感動して涙が出そうになっちゃった。

そうそう、お金を入れると、
入れた分だけの料金の丸いボタンが光るんだよね~。
c0084117_1536354.jpg
ほんで、ポチッと押すんだよね~。

こども料金のところには、こういうカバーがしてあってさ~。
これを開いてボタンを押すんだよね~。
c0084117_1536275.jpg
おかあちゃんも、子供の頃はこのような券売機でキップを買ってました。

他には、意外と大きかった実物大の新幹線の鼻先。
c0084117_153813100.jpg

パンタグラフの仕組みが学べ、
c0084117_15383571.jpg
実際に、パンタグラフを上げ下げする体験ができたり。

電車運転シミュレータコーナーもありましたよ。
c0084117_15385777.jpg

屋外には、ホンモノの車両などが展示されてます。
c0084117_15395646.jpg
200系新幹線K47編成先頭車両(左)と、C57形蒸気機関車19号機(右)。

このお顔、いつ見ても可愛らしいですよね~♪
c0084117_1541321.jpg
真正面から見ても可愛いし。

ちょっと斜め横から見ても可愛い・・・ムフフ♪
c0084117_15423294.jpg
詳しいことはよく分からないけど、
おかあちゃん、このタイプの新幹線がいちばん好きかも。

雪国を走る新幹線ってことで、
先頭車両には、翼を広げたような形状の 「スノープラウ」 という、
雪を弾くスカートがついています。
c0084117_15432196.jpg
これは、初めて見たな。
これで雪を吹き飛ばしながら走行します。

で、こちらには、
485系特急形電車(右)と、DD14形ディーゼル機関車(左)。
c0084117_15441016.jpg
それにしても、ホンモノって近くで見ると、やっぱりデカいですよね。

チョビは電車に乗ったことないけど、間近で電車を何度も見ていますよ。

初めて電車を見せたとき、
その大きさや凄まじい音にビビるかと思ったけど・・・。
c0084117_15464162.jpg
そんなこと、全然心配ご無用でした(笑)。

興味もなければ、逃げることもしなかったよね。
c0084117_1548347.jpg
カミナリの音にはめっちゃビビるのにね~(笑)。

今日のチョビブログ、
電車に全く興味のない方には、「なんのこっちゃ?」 って感じですよね。
c0084117_15493458.jpg
じつは、チョビ&おかあちゃんもです・・・プププ♪

でもね?

ここの 「新津鉄道資料館」 は見どころ満載で、
鉄ちゃんでないチョビ&おかあちゃんでも、けっこう楽しめました。
c0084117_1553475.jpg
なので、鉄ちゃんでないあなたも、
チョビブログを見て少しでも興味が湧いたら、ぜひ遊びに行ってみたくださいね!
by uchi-mame | 2016-02-21 21:42 | お出かけ | Comments(6)

竜宮城に連れてってくれるかな?

新潟県に動物園はないけど、水族館ならあります。

ってことで、
先日、「新潟市水族館 マリンピア日本海」 に行ってきました。
c0084117_20201312.jpg
祝日ってこともあって、
館内は、小さいお子ちゃま連れの家族で激混み!

ワァー!キャー!大騒ぎで、
めっちゃ賑やかな中での見学になってしまいました。
c0084117_20205932.jpg
できるなら、水族館は静かにゆっくりと優雅に見学したいナリ(泣)。

それにしても、水族館に来るの何年ぶりやろ?
c0084117_20212755.jpg
元気なお子ちゃまたちに交じって、
ガラスにへばりついて見ていたおかあちゃんです(照)。

めっちゃ綺麗で神秘的なクラゲさん。
c0084117_202233100.jpg

お名前はメモってこなかったので分からないけど、
c0084117_202245100.jpg
クラゲさんって、
見れば見るほど不思議なイキモノですよね。

こちらは、おかあちゃんの大好きなコブダイさん。
c0084117_2023484.jpg
佐渡では、ダイビングされる方々に大人気のコブダイさんです。

イルカショーも見ましたよ~!
c0084117_20235625.jpg
ジャンプしたり、

クルクル回転したり。
c0084117_20254377.jpg

そして、お子ちゃまと握手したり・・・。
c0084117_2026343.jpg
やることなすこと全てが可愛らしい!

ショーの中では、
イルカさんの体や行動などをスタッフさんが分かりやすく解説してくれます。

こちらは、イルカさんのお腹の話をしてるところ。
c0084117_20272629.jpg

このお腹を見てたら、
「あのポッチャリ感、チョビのお腹に似てない?」 って思っちゃった。
c0084117_20304599.jpg
ね、ちょっと似てるでしょ?(笑)

ペンギンさんもいましたよ~!
c0084117_20311449.jpg
巣穴から顔を出してるペンギンさん。

まだお子ちゃまのペンギンさん。
c0084117_2032932.jpg
この子、立ったまま寝ています(萌)。

そして、飼育員さんが持ってる餌の入ったバケツに群がるペンギンさんたち。
c0084117_20323824.jpg
この真剣な姿・・・。

まるで、チョビを見ているようでしたよ。
c0084117_20325886.jpg
「ねぇ、ここにチョビのおやつ隠してるやろ?」

そして、祝日ってことだけでなく、
水族館が激混みしていた理由が、じつはもうひとつあります。

じゃじゃん!
c0084117_20343164.jpg
幻の深海魚と言われている 「リュウグウノツカイ」 が展示されていたからです。

TVのニュースで観た方もいらっしゃるのでは?

8日朝、佐渡の両津湾内で定置網にかかり、猟師さんたちもビックリ!
生きたまま捕獲されるのは非常に珍しいことなんだそうです。

でも、寒さで弱っていたらしく、捕獲されて間もなく天国へ・・・。

そのリュウグウノツカイさんの標本が、
9日~11日まで一般公開されると聞いたので、
「これは、いま見に行くしかないっしょ!」 ってことでレッツラゴー!
c0084117_20401325.jpg
全長約3.3m、体重14.5㎏、性別不明。

深海魚らしいインパクトあるお顔と、
左右から押し潰されたような平べったい体形と、
鮮やかな紅色の背びれと腹びれがリュウグウノツカイさんの特徴。
c0084117_2040532.jpg
触ってみたらウロコがなくてやわらかかったです。

目がギョロッとしてるね。
c0084117_20411721.jpg
なんだか、大きなタチウオさんに見えなくもないけど(汗)、
キラキラして、めっちゃ綺麗なおサカナさんです。

リュウグウノツカイさんには、
「機会があったら見てみたい」 って、ずっと思ってました。
今回、こんなに間近で見ること&触ることができて嬉しかった!感動した!

でも、竜宮城へ行くのに、
このリュウグウノツカイさんが迎えに来たら、
c0084117_20442129.jpg
浦島太郎さんもチョビも、ちょっと怖くて引いちゃうよね(笑)。

やっぱり、竜宮城へはカメさんに連れてってもらいたいよね~。

でもね?
カメさんに何度も会ったことのあるチョビだけど、
c0084117_20454617.jpg
残念ながら、まだ一度も連れてってもらったことないの・・・。

いつか連れてってくれるかな?

ペットOKの水族館もあるけど、
ここ 「マリンピア水族館」 はペットNGのようです。
c0084117_20471020.jpg
それは残念だな。

チョビにも、いろんなおサカナさんを見せたかったし、
c0084117_2048074.jpg
おサカナさんにビビるチョビも見たかったのに(笑)。
by uchi-mame | 2016-02-15 21:00 | お出かけ | Comments(2)

白鳥の湖

この時期に、
しかも、週末に天気が良くなることなんて、チョビ家地方では滅多にないこと。

だから、この間の日曜日(7日)、
思ってたよりも天気が良くなったったので、
白鳥の飛来地として全国的に有名な 「瓢湖(ひょうこ)」 に行ってきました。

瓢湖は阿賀野市にあり、
2008年に 「ラムサール条約登録湿地」 になり、
白鳥の飛来地として 「国の天然記念物」 にも指定されています。
c0084117_13471444.jpg
そして、日本で初めて野鳥の白鳥さんの餌付けに成功したのも、
ここ瓢湖なんですよ~。

昼間は田んぼへ餌を食べに行っちゃうので、
湖にいる白鳥さんの数は、めちゃくちゃ少なくなっちゃうけど、
餌付けの時間帯になると戻ってくるので、白鳥さんの数も多くなります。

餌付けは、1日3回の9時・11時・15時。
今回は、11時の餌付け時間に合わせて行ってきました。

餌付け時間近くになると、湖の周りはギャラリーでいっぱいに!
c0084117_13494844.jpg
ギャラリーの奥に見える小さな白いカタマリが白鳥さんたちです。

この瓢湖に白鳥さんが来るようになったのは1950年。

はじめは、オオハクチョウだけだったそうですが、
1960年頃からは、コハクチョウもたくさんやって来るようになり、
いまでは、コハクチョウの方が多いそうです。
c0084117_1351643.jpg
で、「水鳥にとっては安全な場所」 という噂が渡り鳥業界に広まり(笑)、
白鳥さんたちだけでなく、カモさんたちもたくさん来るようになったそうです。

11時を過ぎて、
3代目になる 「白鳥のおじさん」 が餌を持って桟橋に現れると、
c0084117_13531512.jpg
みんながその桟橋に向かってワサワサ集まって来て、
一斉に、「ワーッ! キャーッ!」 と騒ぎ始めたもんだからビックリ!

そして、白鳥のおじさんが右に行けば、みんなも急いで右に大移動!
c0084117_1356599.jpg

白鳥のおじさんが左に行けば、みんなも急いで左に大移動!
c0084117_13591351.jpg
そのコントのような光景がめっちゃ可笑しくて笑えた。

白鳥のおじさんが餌を撒いてくれるのを、
長い首をさらに長~くして待っている白鳥さんや、
c0084117_140980.jpg
「クォー!クォー!」 と鳴きながら催促する白鳥さんもいたりして、ホントに可愛い。

それにしても、カモさんの多さにはビックリポン!!
c0084117_1415936.jpg
この光景、可愛いんだけどちょっと引いちゃう?(汗)

それに、白鳥さんたちのために始めた餌付けが、
いつのまにか、カモさんたちの殺伐とした餌争奪戦になっちゃってるって感じ?
c0084117_147383.jpg
「お客さまにお報せいたします。
只今、会場内は大変ごった返しており、非常に危険な状態で~す!
餌はたくさんたくさんご用意しております!
押さずにゆっくりと順番に前にお進み、味わいながらお食べくださ~い!!」

って言いたくなっちゃうけど、誰も聞いてくれないわよね・・・ハハハ(汗)。

このワイワイした光景を見てると、
餌を必死に食べようとするカモさんたちに、
白鳥さんたちが圧倒されちゃってるように見えるけど、
c0084117_1481868.jpg
そこはケンカすることなく、仲良く食べています(笑)。

餌やりですが、
一般の方でも、白鳥さんたちに餌をあげることができます。(1袋¥100)
c0084117_14251843.jpg
チョビみたいにクンクンしてみたら、なんやらメッチャ美味しいニホヒ~♪
ポン菓子みたいなニホヒがしましたよ。

あっ、チョビに似てる白鳥さんを発見!
c0084117_14301021.jpg
ギャラリーに餌を催促する真剣なお顔・・・。

チョビにそっくりだと思わない?(笑)
c0084117_14355961.jpg
「その手に持ってるおやつを早くチョビのお口の中に・・・」

めっちゃ食いしん坊な白鳥さんは、
湖の底に落ちた餌を拾うとしてひっくり返り、可愛いお尻が丸見え~♪
c0084117_14413165.jpg
その姿は、まるでシンクロのようです(笑)。

それにしても、見れば見るほどに可愛らしい白鳥さんたち。

瓢湖には、結婚してすぐの頃に一度だけ来たことあるけど、
時間帯が悪かったのか、カモさんばっかで白鳥さんを見ることができませんでした。
c0084117_14422697.jpg
なので、たとえカモさんの方が多くても、
これだけの白鳥さんを間近で見れたことはホントに嬉しかった!感動っ!
(真ん中のグレー色した白鳥さんは赤ちゃんです)

そして、白鳥さんたちの丸くて小さな頭を見るたび、
可愛いチョビ頭を何度も思い出すことができて・・・それもめっちゃ嬉しかった!
c0084117_1445882.jpg
白鳥さんたち、ありがとー!

ちなみに、この日に観測された白鳥さんの飛来数は、2827羽。
例年よりも少ないそうですが、
白鳥さんたちが、新潟を越冬地として選んでくれたことが嬉しいですね。

たくさんの白鳥さんを見るのなら、早朝いちばんがGOODだそうです。
c0084117_1504112.jpg
3月下旬頃まで滞在しているそうなので、よかったら見に来てみませんか?

あっ!
来るのなら、餌付けの時間帯にね。 (←ここ大事)
by uchi-mame | 2016-02-09 20:12 | お出かけ | Comments(4)

自然の宝庫

先週末(1月31日)のことです。

「今日なら、綺麗な景色が見れるかも!」 とおとうちゃんが言うので、
車を走らせて向かったのは、水の駅 「ビュー福島潟」。

「福島潟」 の自然と文化の情報発信施設。
c0084117_17135358.jpg
7階建で、らせん状にグルグル登っていく展望台。
360度全面ガラス張りなので、
潟と田園風景などの全景を眺望することができます。

可愛らしい足跡を辿って館内へ。
c0084117_17152964.jpg
入場料を払って、エレベーターに乗り込んで屋上へ。

前日に雪が降ったらしいけど、
思ってたよりも積もっておらず、この景色。
c0084117_17164868.jpg
「福島潟」 とは、新潟市北区の南東部に位置する潟湖(せきこ)。

220種類以上の野鳥が飛来する新潟市内最大に潟で、
国の天然記念物の渡り鳥である 「オオヒシクイ」 の日本一の越冬地。
c0084117_1718154.jpg
そして、450種以上の水生・湿地植物が確認されており、
希少な植物 「オニバス」 は、福島潟が日本の自生の北限となっているそうです。

館内には、オオヒシクイの詳しい説明が紹介されてましたよ。

こちらがオオヒシクイさんです。
c0084117_17184386.jpg
大好きな食べ物は、ヒシの実・マコモ・コシヒカリ。

ハスキーな声で、「ガハハン!ガハハン!」 と鳴くそうです(笑)。
c0084117_17201792.jpg
「ところで、オオヒシクイさんってどんな鳥なん?」

はい、チョビ姉さんの質問にお答えします(笑)。
ちなみに、チョビ頭に乗っかてるのは、オオヒシクイさんではありません。

(ガイドブックより)
オオヒシクイは雁(がん・かり)の仲間で、国の天然記念物に指定されています。
ロシアのカムチャツカ半島から日本にやって来る渡り鳥で、
9月下旬から日本に飛来し始め、
翌年3月には、2400㎞も離れた故郷へ旅して帰ります。
c0084117_17453192.jpg
からだの大きさは、カモよりも大きくて、白鳥よりも小さい。
からだの色は、全体的に茶色。
チャームポイントは、オレンジ色と黒色のくちばしです。
冬を越すために日本に約1万羽飛来するうち、
毎年5千羽以上のオオヒシクイが、ここ福島潟で越冬します。

で、今年は1月29日に1300羽確認されたそうです。

それにしても、けっこう大きいでしょ?
c0084117_17464379.jpg
一番大きい鳥だと、羽を広げると1m60㎝にもなるそうです。

館内には、
オオヒシクイさんの大きさ&重さ(5㎏)と同じ実物大の人形があるので、
どんだけ大きいのか体験することができます。

それでは早速、おとうちゃんに体験していただきましょう!
c0084117_17485285.jpg
抱っこしてみたら、意外とズッシリしてて重いって。

もしかして、チョビとあまり変わらないかも?
c0084117_17494734.jpg
「なぬっ!?」

おいおい、なんちゅう持ち方してんねんっ!
c0084117_17501669.jpg
でも、そんな持ち方が出来るってことは、
やっぱり、チョビよりも軽い・・・ってことだよね(汗笑)。

残念ながら、
今日は、本物のオオヒシクイさんにお会いすることはできませんでした。

ところで、館内を歩くたびに気になるモノを発見!
c0084117_17544416.jpg
そしたら、可愛らしい絵が描かれた、
1階のミュージアムショップで売っていたのでお持ち帰り。

福島潟で採れたハスの実のドライです。
c0084117_17563178.jpg
枝の付いているものは、長さが80㎝もあります。

枝が付いてないのも売ってましたよ。
c0084117_1758455.jpg
ハスの実を飾ってると、なんとなく縁起が良いような気がしませんか?(笑)

福島潟は、ペットNGの場所もあるけど、
ぜひ、チョビと一緒に散歩してみたかった自然いっぱいの素敵なところでした。
c0084117_18226100.jpg
またいつか、小さいチョビと一緒に遊びに行こうと思います。
by uchi-mame | 2016-02-07 21:14 | お出かけ | Comments(2)

新潟プチ社会科見学

歴史が苦手なおかあちゃんだけど、
新潟の歴史をちょっとだけ覗きに、長岡市まで行ってきました。

まず最初に向かったのは、「新潟県立歴史博物館」。
c0084117_2053171.jpg
前日に降った雪で、博物館周辺にはこんだけの雪が積もってました。

お客さんは誰ひとり居なく、おかあちゃんたちだけ・・・。
c0084117_2062384.jpg
おかげで、ゆっくり見学することができましたよ。

「新潟県の歩み」、「雪とくらし」、「米づくり」、
「縄文人の世界」、「縄文文化を探る」 の5つの展示室で構成されており、
特に、縄文時代中期を代表する土器の一種 「火焔土器」 が、
間近で見れるよう展示されています。

こちらは、復元したものです。
c0084117_207235.jpg
日本で一番最初に発掘されたのが、新潟県長岡市の馬高遺跡だそうです。

燃え上がる炎をモチーフとした土器。
c0084117_2073211.jpg
素晴らしいですよね。

じつは、おかあちゃんはこの頃の時代には興味があります(照)。

他にも、昭和30年代の雪国の雁木通りや雪下ろし、
縄文人の四季の暮らしを実物大のジオラマで復元して展示しているところもあり、
めっちゃ楽しめる博物館でした。

次に向かったのは・・・ランチです!(笑)
c0084117_2075930.jpg
創業40年以上の洋食の老舗 「レストラン ナカタ」。

可愛らしいマットが敷かれた入口を入り、
c0084117_2083515.jpg

お店は、階段を上がって2階にあります。
c0084117_209488.jpg

おとうちゃんが注文したのは、
ケチャップベースとデミグラスソベースの洋風カツ丼 「ハーフ&ハーフ(奥)」。
c0084117_209335.jpg
おかあちゃんが注文したのは、 「洋風カツ丼(手前)」。

「洋風カツ丼」 は、
長岡市のB級グルメを代表する、長岡発祥のものだそうです。

サクサク衣のカツの上に、
ケチャップにワインとしょうゆを加えた、
甘さとほどよい酸味のとろみあるソースがた~っぷりぷり!
どこか懐かしいお味でめっちゃウマウマでした~♪

「丼なのに、ごはんはどこ?」 って感じですよね(笑)。
c0084117_20141722.jpg
ごはんはですね、たっぷりソースの下に隠れてます。

店内も、これまた懐かしい雰囲気で居心地の良い洋食屋さんでした。

そして、歩いて次に向かったのは・・・さて、こちらはどなたのお宅でしょう?
c0084117_20151192.jpg
映画でも話題になった、山本五十六の生家です。

長岡空襲で焼けてしまったので、これは復元されたものです。
c0084117_20162213.jpg
中に入って見学することもできますよ。

で、「山本五十六記念館」 は、ここから歩いて2~3分のところにあります。

山本五十六は、長岡市出身。
太平洋戦争開戦時には連合艦隊司令長官を務め、
その生き方や歴史などが紹介された資料などが展示されています。
c0084117_20171057.jpg
戦死したときに搭乗していた機体の左翼も展示されてました。

そして、そこからまた歩いて向かったのは 「河井継之助記念館」。
c0084117_20181347.jpg
司馬遼太郎著 「峠」 の主人公として描かれた、
幕末の長岡藩家老である河井継之助の生涯を紹介した記念館です。

そして、河井継之助が幕末当時の日本で先駆けて導入した、
長岡城攻防戦に使用された手動機関銃 「ガトリング砲」 を復元したものも、
入口入ってすぐのところに展示されてました。

おかあちゃん、正直に言っちゃうと 「河井継之助さんって誰?」 なんだけど、
「ガドリング砲」 だけは聞いたことあるぞ~!

そして、そこからまたまた歩いて向かったのは 「長岡戦災資料館」。
c0084117_2019864.jpg
終戦直前の1945年8月1日、
長岡市に、アメリカ軍のB29による焼夷爆撃が始まりました。

新潟県内唯一の大規模な戦災都市として空襲の事実を語りつぐとともに、
平和への想いを、焼夷弾などの被災資料や映像やパネル展示で、
よりリアルにそのときの状況を伝える場として作られた資料館だそうです。

って、ここまで見て回ったら、日が暮れてしまい冷えてきたので、
今回の 「新潟プチ社会科見学」 はここで終了。

帰り際に、夕飯を買おうと駆け込んでお持ち帰りしたのがコチラ。
c0084117_20195859.jpg
旅行雑誌などにも紹介されてた、江口だんごの 「五色団子」 です。

夕飯にお団子って・・・スンマヘン!

こしあん・抹茶・ごま・しょうゆ・海苔の5つのお味が楽しめ、
県内産のコシヒカリを使った自家製の上新粉で作られたお団子だそうです。

で、五色団子の上にちょこっと写っているのは 「お茶豆もち」。
「おちゃめもち」 と読みます。
c0084117_2021333.jpg
黒崎茶豆(枝豆)を茹で上げて細かく刻んで飴にし、
新潟県を代表するもち米 「コガネ餅」 と組合せたお餅だそうです。
こちらも、めちゃくちゃウマウマでした~♪

まだまだこんなもんじゃないと思うけど、
少しだけ、新潟の歴史を知ることができた1日でした。

そして、ちょこっとだけ頭が良くなったような気がします・・・ハッハッハッ!
c0084117_20221459.jpg
・・・・・やだ。
チョビったら、そんな目で見ないでくれる?(汗)
by uchi-mame | 2016-02-01 20:51 | お出かけ | Comments(8)

ガッタントントン!

前回の続きです。

「魚沼の里」 をあとにして、
車を走らせて向かったのは、再び 「三国街道 塩沢宿 牧之通り」。

おかあちゃん、
ここで、どうしても見ておきたかったものがあったんです。

それは、「織の文化館・塩沢つむぎ記念館」 です。
c0084117_21481440.jpg
めっちゃ寒くて、車から降りて建物内に駆け込んでしまったので、
外観撮るの忘れてしまいました。(汗笑)。

塩沢つむぎとは、南魚沼市周辺で織られている絹織物。
麻織物の 「越後上布」 の伝統技術を絹織物に取り入れた織物で、
江戸時代に織られ始めたそうです。

こちらは、スタッフさんにいただいたポストカード。
c0084117_21484080.jpg
「越後上布の雪さらし」 が描かれています。

1階は、「塩沢の織物」 の布を使って作られた工芸品などの展示&販売。
2階は、「塩沢の織物」 が出来るまでの工程を見学でき(有料)、
機織りの体験(有料)もできます。

麻から糸にして織るところまで、
絹も蚕から糸にして織るところまでを実際に見ながら、
スタッフさんが塩沢つむぎについて、丁寧に分かりやすく解説してくれました。

全てが気の遠くなるような手作業で、
手間暇かけて丹念に作られてるのですね・・・スゴいです!

で、スタッフさんのお話が楽しくて興味津々で真剣に聞き、
いろいろ質問してたら、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました(泣)。

ひととおり解説していただいたあと、
「機織り体験してみませんか?」 とスタッフさん。

もちろん、「はい、やってみたいです!」 と、
おとうちゃんの許可を得ずに即答していたおかあちゃんです。

だって、こんなに大きな機織り機での体験なんて、なかなかできないもの・・・。
c0084117_21531357.jpg
それに、ずーっとやってみたいって思ってたんだよね。

縦糸は、すでに機織り機にセットされており、その中から好きな色をセレクト。
横糸は、色とりどりの中から何色でも選ぶことができ、
おかあちゃんは6色をセレクト。

機織り機の前に座り、
c0084117_21535441.jpg
スタッフさんに織り方を教えてもらい・・・スタート!

左右の足をペダルの上に乗せ、
c0084117_21552846.jpg
上下させながらガッタンガッタン!

左右の手を使って、
c0084117_2158098.jpg
横糸を付けた木の板をシャーシャー滑らせてトントン!

この繰り返しなんだけど、
慣れるまでがけっこう大変で、ロボットのようなギコチない動き(笑)。

恐々とやってるもんだから、
滑らせた横糸の板が途中で止まっちゃったり、
c0084117_21582457.jpg
勢いよく滑らせて落っことしそうになったり、変なところに横糸を通しちゃったり。

もう、スタッフさんに何度Helpしたことか・・・(恥)。
c0084117_21585055.jpg
でも、慣れてくるとリズム感もでてきて、めちゃくちゃ楽しーーーっ!

織り始めること40分くらい?
待っているおとうちゃんに申し訳ないので・・・完成!(汗)
c0084117_21591631.jpg
17㎝くらい織れたかな?

初心者だと、20㎝織るのに約1時間くらいかかるそうです。

端の後始末などは、スタッフさんがやってくれます。
c0084117_2245189.jpg
めっちゃ近くで見ると 「アチャ~!」 なところだらけだけど、
遠くから見るとなかなかじゃない?

チョビ、どぉ?
c0084117_2255063.jpg
「大雑把なおかあちゃんにしては、まぁまぁやないの?」

アハハ、ありがとう!

ずーっとやってみたいと思ってた機織り、
今度は、もう少し大きいものにチャレンジしてみたいです。

それにしても、
機織りって、想像してた以上に面白くて楽しくてハマッてしまいそ~♪
c0084117_19404484.jpg
なので、おとうちゃんに 「機織り機ほしい!」 って言ったら、即却下されました。

ま、そりゃそうだよね・・・ハハハ(汗)。
by uchi-mame | 2016-01-30 19:17 | お出かけ | Comments(6)

八海山の麓はウマウマだらけ

前回の続きです。

ランチを食べに行こうと、車を走らせて次に向かったのは 「魚沼の里」。

銘酒 「八海山」 の蔵元である八海醸造が展開。
名物の雪室をはじめ、飲食店や雑貨屋さんやお土産物屋さんなど、
魚沼の魅力がたっぷりと詰め込まれた、八海山の麓にある複合施設です。

で、ランチはこちらでいただくことにしましたよ。
c0084117_1854456.jpg
「八海山 みんなの社員食堂」 です。

「魚沼の里」 で働いている方々のために造られた社員食堂なんだけど、
一般のお客さんも利用できるよう開放されているんだそうです。

入口には、本日のメニューが書かれた可愛らしい看板が。
c0084117_18553636.jpg
メニューは、日替定食と八海定食(肉料理or魚料理)の2種類。

注文は、食券システム。
c0084117_18555219.jpg

木のぬくもりが感じられ、広くて明るくて清潔感のある店内。
c0084117_1856667.jpg

大きな窓から見える景色は真っ白!!
c0084117_18562070.jpg

しばらくして、番号が呼ばれてカウンターまで取りに行き、
ごはん&お味噌汁は自分でよそいます。
c0084117_18564937.jpg
おとうちゃんは、八海定食の肉料理を(奥)。
おかあちゃんは、日替定食をいっただっきま~~~すっ!!

ごはんはもちろんのこと、
おかずもお味噌汁も家庭的なお味でめっちゃウマウマ!
ボリュームがあり食べ応え抜群で、もうお腹パンパンパン!

ちなみに、この社員食堂の外観はこんな感じ。
c0084117_18582465.jpg

周りには、こんだけの雪が積もっていましたよ。
c0084117_1858469.jpg
あぁ、チョビがここにいたら、
きっと、大喜びで雪の中にダイブしてただろうなぁ・・クスン。

ランチしたあとは、
綺麗な雪景色を見ながら、施設内をブラブラ散策。
c0084117_1921473.jpg

雪の中を歩いていくと、
あちこちに点々と、お蕎麦屋さんやうどん屋さんがあり、
c0084117_1933937.jpg
焼酎蔵や発酵蔵、清酒八海山が生まれる酒蔵などもあります。

その中の 「さとや」 というお菓子屋さんで、
美味しそうな 「八海棒夢(ばうむ)」 をお持ち帰り。
c0084117_1955197.jpg
おとうちゃんの大好きなバウムクーヘンで、
こんな立派な箱に入ってます(汗)。

発酵バターとアーモンドを使用した、キャラメル風味のバウムクーヘン。
表面の白いグラスには、八海山大吟醸を使用してて、
ほのかな酒のカホリが・・・って言うんだけど、全然分からんかったナリ(泣)。
c0084117_1961550.jpg
ちなみに、このバウムクーヘンひと切れがこの日の夕飯。
ボリュームたっぷりランチで、お腹がまだパンパンだったので・・・タハハ(汗)。

美味しいものがいっぱいの 「魚沼の里」、
雪国ならではの冬の風情をもたっぷりと味わってほしいから、
c0084117_1965783.jpg
遊びに行くのなら、いまの季節がオススメです♪

さて、おかあちゃんにはどうしても見ておきたいものがあって・・・。

おとうちゃんにお願いして、
再び、「三国街道 塩沢宿 牧之通り」 へ戻ります・・・スンマヘン。


続きます。
by uchi-mame | 2016-01-28 19:11 | お出かけ | Comments(6)

新しいけど古い街並みを散策

天気が大荒れになる前日(23日)、
思ってたよりも天気が良かったので、久しぶりにちょっと遠出してきました。

南魚沼市にある 「三国街道 塩沢宿 牧之(ぼくし)通り」。
c0084117_18152979.jpg
もちろん、チョビも一緒です♪ (チョビの後ろに写ってるのは、おとうちゃんです)

「牧之通り」 とは、
北越雪譜を書いた 「鈴木牧之」 さんにちなんで名付けられ、
c0084117_181705.jpg
江戸時代の旧三国街道沿いの宿場町として、
300年以上の歴史がある街並みを再現した通りです。

チョビの後ろに見えるのは、
雪国の通りには欠かせない 「雁木(がんぎ)」 です。
c0084117_18172935.jpg
いまで言うと、商店街とかにある 「アーケード」 でしょうか。
雪よけの屋根ですね。

その雁木の下をブラブラ歩いてたら・・・。

あれ?
あそこの柱にいるの、カマキリさんじゃない?
c0084117_18181589.jpg
なんで、こんなところにカマキリさんが?

じつは、カマキリさんは 「積雪予報士」 なんですよ~♪
c0084117_18221430.jpg
カマキリさんには、積雪量を予測する能力があり、
雪に埋もれない高さに産卵するので、
その高さによって、その年の雪の降る量が分かるんだそうです。

南魚沼市は豪雪地帯ってことで、
カマキリさんのオブジェが飾られているみたいです。
c0084117_18241089.jpg
柱には、一日最大降雪量や最大降雪量の記録が記載されていました。

ところで、このカマキリさん、
よく見ると、背中に何か背負ってますね・・・なんやろ?

もっと近くで見てみたら・・・鎌(カマ)と錐(キリ)?
c0084117_18254045.jpg
ダ、ダジャレでしょうか・・・ハハハ(汗)。

さらに、雁木の下をブラブラ歩いていたら、
可愛らしいおじいちゃんに 「どうぞ、ウチに寄ってください」 と誘われました。
c0084117_18291354.jpg
で、お邪魔させていただいたのはこちらのお宅。

玄関を入ると、そこはもう江戸時代?

おじいちゃんでなく、
娘さんが出てきて、いろいろとお話してくださいました。

江戸時代に塩沢宿の脇本陣を勤めた家だそうで、
道路拡張や中越地震で一部建て替えたり、壊れてしまったものもあるけど、
c0084117_18343065.jpg
神棚や欄間や襖など、江戸時代のものがそのまま使われており、
貴重な歴史資産なども見せていただきました。

中庭には、樹齢350年の古木もありました。
c0084117_18345211.jpg
それにしても、南魚沼市と言ったら豪雪地帯で有名なところなのに、
今年は雪がめっちゃ少ないですよね。

娘さん曰く、
この中庭も、例年なら歩けないほどの雪が積もるそうです。

さて、おじいちゃん宅をあとにして、再び雁木の下をブラブラ。
c0084117_18364868.jpg

この建物は、信用組合です。
c0084117_1837836.jpg

こちらの建物は、郵便局です。
c0084117_18422119.jpg
レトロで個性的な建物を見ながら散策してたら・・・。

あら?
雪に埋もれたワンコを発見!
c0084117_18425943.jpg
「ここはトイレじゃないよ」 って言ってます。

はい、了解しました!
チョビ姉さんに伝えておきます!!(笑)

途中、お散歩しているワンコを見たり、触らせてもらったりして、
c0084117_18455654.jpg
おかあちゃんも、「チョビと一緒に歩いてみたかったなぁ」 と思った、
とっても素敵な街並みでした。

「そろそろ、お腹がすいてきたね」 ってことで、車で次の目的地に向かいます。



続きます。
by uchi-mame | 2016-01-26 19:44 | お出かけ | Comments(4)

お正月休みのお出かけ

お酒なんて一滴も飲めないおかあちゃんなのに・・・。

一口飲んだだけで、フラフラ~クラクラ~になっちゃって、
聞こえてくる音全てがレロレロ~になっちゃうおかあちゃんなのに・・・。

お正月休み(12月30日)に、こちらへ行ってきましたよ。
c0084117_19563314.jpg
新潟のワイナリー 「カーブドッチ」 です。 (年中無休)

敷地内には、ワイナリーだけでなく、
レストラン・ジェラート屋・パン工房・ヴェネスパ(温泉)なども併設されています。
c0084117_1959752.jpg
ワインを中心とした複合施設となっており、
ま、ちょっとした 「ワイン村」 って感じでしょうかね・・・。

なんとなく、ヨーロッパの田舎町にいるような景色。
c0084117_2022993.jpg
行ったことないけどね。

建物などもステキで、雰囲気のあるとっても居心地の良いところでした。
c0084117_2032164.jpg
めっちゃ寒かったけどね・・・ハハハ(汗)。

もちろん、周りには広大なぶどう畑もあります。
c0084117_2034184.jpg

イングリッシュガーデンもあったけど、
c0084117_2045956.jpg
この時期でこのどんよりとした天気だと、ちと寒々しく寂しく見えますね(汗)。

お酒がダメなおかあちゃんなので、
残念ながら、ワインの感想は何ひとつありませんが(謝)、
c0084117_2083989.jpg
敷地内には、何人かの醸造家さんたちのお店もあり、
この土地で栽培したぶどうで自家醸造したワインなどを提供しているそうです。

もちろん、試飲もできるそうですよ。 (1回¥100など)

マルシェや、
(飲めないのに)ワイナリーショップなどをチェックしたりとウロチョロ。
c0084117_2091376.jpg
そして、おかあちゃんがここに来た最大の目的は 「パン」 です!

街中のデパートで出会って以来、
ここのパンの大ファンになってしまって・・・ムフフ♪

パンの命でもある酵母は毎日手作り。
ドイツ製の石窯でじっくりと焼き上げたパンは、ふっくらで香ばしい。
c0084117_20162561.jpg
カフェも併設されているので、ランチはここでいただくことにしました。

おとうちゃんは、「ビーフシチューパン(だっけ?)」 を、
おかあちゃんは、「自家製天然酵母パンランチ(手前)」 を注文。
c0084117_20164354.jpg
写真では見えないけど、
それぞれのお料理には、しっかりとパンが隠れてます。
ちなみに、おかあちゃんのランチではベーコンの下にパンが・・・ムフフ♪

どちらも、ボリューム満点でお野菜たっぷりのヘルシーランチ。
めっちゃウマウマでした~♪

そして、お持ち帰りしてきたパンはこちらの4つ。
c0084117_2017086.jpg
えっと・・・名前は忘れちゃったけど、
全ての種類に、おかあちゃんの大好きなナッツ類が入っています♪

むちむちっとした食感!
c0084117_20171884.jpg
噛めば噛むほどに、生地そのもののお味がGOODでウマウマ!!

ワイナリーですが、
事前に申し込めば、ワイナリーツアーに参加でき、
ぶどう畑や醸造施設など、解説を聞きながら見学ができるそうです。

それを聞いて、いつか参加してみたいなぁ・・・って思いましたよ。
c0084117_20173589.jpg
「おかあちゃん、お酒飲めへんのに興味あんの?」

えっ!?

あらやだ、チョビったら・・・。
めちゃくちゃスルドいこと聞いてくるわね・・・・・タハハ!(慌汗)

う、噂によるとですね、
c0084117_2018422.jpg
ここのワイナリーは、
テラス席などでのお食事など、ワンコ連れOKのところもあるみたいです。

景色も抜群だし、敷地内の環境も素敵だし、
チョビと一緒に遊びに来てみたかったなぁ・・・って何度も思いました。
c0084117_20182220.jpg
そして、テラス席でチョビと一緒に美味しいパンを食べたかったなぁ・・・ってね。

もっと早くに見つけてればな・・・。

チョビ、聞いてくれる?
c0084117_20205951.jpg
おかあちゃんね、
チョビがいなくなってから、出掛けるたびに思ってるんだよ。

「もっと早くに見つけてれば、チョビと一緒に遊びに来れたのになぁ」 ってね。
by uchi-mame | 2016-01-06 20:19 | お出かけ | Comments(8)