<   2016年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2等身

先日、街中にあるデパートで開催されてた 「北海道展」 を覗いてみたら、
なんと、チョビを見つけてしまいました!

と言っても、
この 「チョび」 ではないですよ~。
c0084117_1935103.jpg
これは、2007年9月18日のチョビブログで紹介した、
雑貨屋さんのスタッフさんにいただいた、北海道土産の 「チョび」 です。

で、今回出会ってしまったチョビはコチラ。
c0084117_1939269.jpg
この子、チョビに似てませんか?

コロンとしたフォルムがめっちゃ可愛らしい、
小樽市にあるガラス工房で作られた、小さなガラスのワンコです。

見てるだけで、
なんだか、心も体もホッコリしちゃうワンコですよね~♪
c0084117_19394955.jpg
後ろ姿がね、これまた可愛いんですわぁ。

しかも、体が 「2等身」 ってところもめっちゃ可愛いでしょ?(笑)
c0084117_19403666.jpg
もしかして、ドラえもんの親戚かしらん?

ところで、このワンコを見て 「どこがチョビに似てるのん?」 って、
そこのアナタ、思いませんでしたか?

たしかに、チョビは2等身じゃないしね(笑)。
c0084117_2053387.jpg
「2等身ってナンなの~?」

似てるトコって言ったら、この垂れ耳くらい?
c0084117_2065287.jpg

ちなみに、こちらが本物の垂れ耳ちゃん。
c0084117_208044.jpg
に、似てませんか?(汗)

それに、この優しい笑顔もチョビに似てる・・・って思ったの。
c0084117_208327.jpg
そしたら、もうチョビにしか見えなくなっちゃって、
我慢できずに連れて帰ってきちゃった・・・ってワケ(笑)。

ひとつひとつが手作りなので、
ワンコの表情や持ったときの感触など、作家さんの優しさと温かみを感じます。

チョビに似た、2等身の小さなワンコも加わり、
c0084117_2091265.jpg
チョビの周りが、ますます賑やかになってきちゃいました・・・ムフフ♪
by uchi-mame | 2016-04-29 20:16 | お気に入り・雑貨 | Comments(2)

お財布の使い始め

春にお財布を替えると縁起が良いって聞いたことありませんか?
「春財布=張る財布」 ってことで、お金が貯まるんだそうです。
c0084117_1902933.jpg
「それはマジっすか?」

うん、マジっす(笑)。

お財布の中は、いつも賑やかでいてほしいものね。
c0084117_191078.jpg
で、賑やかにするには、
お財布の色選びと同時に、使い始める日も大切だそうで、
旧暦で新年の始まりとされる 「立春」 に替えるのがGOODなんだそうです。

でもね?
もっと最適な日があるって、お財布売り場に書いてありましたよ。

それは、「天赦日(てんしゃにち)」。
c0084117_193275.jpg
暦上で最もいいとされる日(大吉日)で、
新しいものを使い始めるのに最適な日で、金運アップも期待できるんだとか。

2016年の天赦日は、いちばん近くて 「4月26日」 ってことで、
思い切って、お財布を替えてみることにしましたよ。

「genten(ゲンテン) アフリカンカットワーク 二つ折り財布」。
c0084117_1951443.jpg
可愛らしいデザインでしょ?

このデザインの発想の源は、アフリカ民族のボディペインティングだそうです。
c0084117_19102611.jpg
とても、しっかりとした作りです。

買ったときに入れてくれたのは、
丈夫なキャンパス生地で作られた小さなバッグ。
c0084117_19105745.jpg
これまたオシャレですよね・・・ムフフ♪

この持ちやすい大きさ&形&デザインに一目惚れしてGET!
c0084117_1911262.jpg

収納できるカード枚数は少なく、
c0084117_19115110.jpg
小銭を入れるポケットも、かなり小さいです。

でも、カードや小銭でパンパンに膨らんだお財布は好みではないので、
これくらいがちょうどいいんです。
c0084117_19131173.jpg
「ヨッシャ! 新しいお財布持って、チョビのおやつを買いに行くどーっ!」

うん、行こう行こう!(笑)

ところで、あとでカレンダーを見てみたら、
4月26日は、「仏滅」 だったみたいだけど・・・ま、いっか(汗笑)。
c0084117_19155172.jpg
どうか、お財布の中がワイワイ賑やかになりますように・・・。
by uchi-mame | 2016-04-27 19:20 | お気に入り・雑貨 | Comments(8)

泳ぐ宝石

ある展示会を観ようと思って、長岡市にある美術館まで行ったけど、
駐車場は満車で停められず、
美術館入口には、チケットを買うお客さんがズラズラズラ~。

駐車場が空くまで待つのもアレだし、
チケットを並んでまで買うのもアレだったので、今日は諦めることに。

でも、せっかくここまで来たのに、
このまま帰るのもアレなので(アレばっか)、
c0084117_20235329.jpg
予定変更して、近くの会場で開催されてた 「錦鯉品評会」 を覗いてみることに。

錦鯉が 「長岡市の魚」 に制定されてから初めての国際大会だそうで、
全国&世界各地から、たくさんの錦鯉が出品されてました。
c0084117_20244665.jpg

c0084117_20274097.jpg
新潟県は、お米やお酒などの美味しいものだけでなく、
錦鯉も、めっちゃ有名なんですよ。

そして、新潟の錦鯉は世界中に広まっています。
c0084117_2028495.jpg

c0084117_20282098.jpg
みんな個性的な模様。

しかも、同じ模様の子は1匹もいない錦鯉は、見てるだけでも楽しめます♪
c0084117_20285228.jpg
ちっちゃくても立派な錦鯉!(笑)

じつは、生き物大好きな私の父親も、いつからか錦鯉にハマッます。

試行錯誤しながら&失敗を何度も繰り返しては大切に育ててきた錦鯉は、
どの子もキラキラ輝いてて大きくて立派!
c0084117_20332224.jpg
この子たちは、父親自慢の子供たちです。 (写真ヘタでスミマセン!)

そんなおじいちゃんの趣味で埋め尽くされた庭が大好きだったチョビ姉さん。

おじいちゃんに付き合ってクンクンしたり、
池を覗き込んでは、激しい食事中の錦鯉にビビったり(笑)。
c0084117_20335040.jpg
逃げ腰です(汗笑)。

再び、池を覗き込んではビビる・・・を繰り返すチョビ姉さん。
c0084117_20341899.jpg
やっぱり、逃げ腰です(笑)。

おじいちゃんにくっ付いて歩いてたチョビだけど、
c0084117_20353497.jpg
おかあちゃんのことが気になって、覗き込むチョビ(笑)。

おじいちゃんの庭を楽しそうに歩いているチョビの写真を見ていると、
まるで昨日のことのように思えます。
c0084117_2036446.jpg
もう二度と、この光景を見ることはできないんだね・・・(寂)。

チョビ?
c0084117_20373237.jpg
おじいちゃんの庭にも、春ちゃん来たかな・・・?(泣)
by uchi-mame | 2016-04-25 21:32 | おかあちゃん実家 | Comments(2)

ご縁を探しに

約15年間、チョビと一緒に過ごしてきた楽しい毎日。
c0084117_1985027.jpg
そして、チョビが旅立ってから、約6ヶ月半を過ごしてきた寂しい毎日。

何日経っても、
チョビが目の前にいないこと、
触れることのできない毎日はとても寂しくてつらくて、
涙が出てしまう日はいまだにあります。

それでも、チョビと楽しい毎日を過ごしてきたからこそ、
ワンコのいない生活はやっぱり寂しい・・・と思うようになり、
c0084117_19115821.jpg
チョビがいたときのような毎日を再び・・・と、少しずつ思うようになりました。

そして、次に迎える子もチョビのような保護犬を・・・と決めているので、
チョビ家地方で、そういう子たちとどうやったら出会えるのかと、
調べたり、探したり、見に行ってみたり・・・。

新潟県には、
長岡市にある 「新潟県動物愛護センター(保健所)」 と、
c0084117_19145131.jpg

新潟市にある、
「新潟市動物愛護センター(保健所)」 の公立の施設があります。
c0084117_19151373.jpg
どちらの施設も、
動物ふれあい教室や犬猫の飼い方&しつけ教室などを実施。

やむを得ない事情で飼育困難となった犬・猫の引き取り、
新しい飼い主さんをさがしたり、迷子・負傷したペットの保護収容なども行っています。

そして、この公立の施設の他に、
新潟県内の保健所や動物保護管理センターに収容され、
飼い主さんのいない犬や猫の新しい飼い主さんを募集している、
非営利のボランティア団体 「新潟動物ネットワーク(NDN)」 があります。

これらの譲渡会などに何度か参加したことあるけど、
新潟県内では、不妊・去勢をする飼い主さんが増えたおかげで、
子犬が収容されることはなくなり、
成犬も含めて、譲渡対象のワンコはめっちゃ少ないです。
c0084117_19404618.jpg
それはとても喜ばしいことだけど、
出会いというものがほとんどありません。

それに、譲渡対象ワンコがいくら少ないからといって、
終生一緒に暮らしていく大切な家族だから、
ワンコと一緒に暮らしたいからどの子でも・・・という思いだけで、
「じゃ、この子で」 と簡単に決めるわけにはいきません。
c0084117_19464469.jpg
なので、PCなどで調べて、
大きな団体さん主催の関東地方で開催された譲渡会にも、
一度だけ、見に行ってみたこともあります。

そこで、「この子なら・・・」 というワンコに出会い、
スタッフさんや預かりボランティアさんといろいろお話させてもらい、
条件なども確認して申し込んでみました。

すると、まだ里親さん募集中にも関わらず、
「新潟県に住んでいる」 ってことだけで、早々に断られてしまいました。
c0084117_1952547.jpg
その辺のことは譲渡条件には書かれていなかったし、
どんなに私たちの思いを伝えても、
「新潟県は遠いので」 だけで断られたことに納得いかなかったけど、
「私たちの目の届くところに。 何かあったら手伝いに行けるところに・・・」 という、
相手方の考えを思ったら、仕方ないことなのかなぁ・・・と(泣)。

新潟県に住んでいて、
チョビのような子たちを救うのは難しいことなのでしょうか?

まだまだ、新しい飼い主さんを待っている子たちがたくさんいるのに・・・。
c0084117_201065.jpg
1匹でも多くの保護犬たちを救いたい・・・と思っているだけに、
ちょっとだけ寂しく感じてしまったおかあちゃんです。

でも、チョビが連れて来てくれると信じている素敵な 「ご縁」 を、
おかあちゃんは、いつまでも待ちます。
c0084117_2024780.jpg
そして、おかあちゃんも諦めずに探し続けようと思ってます。

チョビと過ごしてきた楽しい毎日を思い出しながら・・・。
by uchi-mame | 2016-04-23 20:57 | チョビりく家 | Comments(16)

チョビの代わり

いまだに、チョビのものが片付けられず、
チョビがいたときから何ひとつ変わっていないチョビ家内。

その中のひとつに 「チョビベッド」 があります。
c0084117_1891734.jpg
いま、そのチョビベッドにはクマさんが寝ています。

クマさんが枕にしているケロケロは、
ワン友さんから、クリスマスプレゼントでいただいたワンコ用クッション。
c0084117_1810399.jpg
チョビも気に入ってよく使っていました(萌)。

チョビが虹の橋を渡ってしまい、
チョビがいないことへの寂しさに大泣きしていたおかあちゃんに、
「こいつがチョビの代わりだ! これをチョビだと思え!」 と、
c0084117_18124794.jpg
おとうちゃんがクマさんを持ってきて、チョビベッドに寝かせたんです。

このクマさんは、おかあちゃん実家に帰省しているとき、
母親と一緒に出掛けたMM21で見つけて、お持ち帰りしてきたもの。

そして、チョビのお気に入りのクマさんでもありました。
c0084117_18133945.jpg
クマさんに身を委ねて、気持ちよさそうに一緒に仲良く寝てました。

そのお気に入りのクマさんを、
たまには、 「踏んづける」 という残酷なチョビでもあったけどね(笑)。
c0084117_18161677.jpg
ま、これもチョビの愛情表現ってことで・・・ククク♪

このクマさん、よく見るとチョビとほぼ同じサイズ。
c0084117_18174333.jpg
そして、色合いもソックリ!

なので、クマさんの足が見えた瞬間、
チョビが寝ているように見え、ドキッとすることがいまだにあります。
c0084117_18192366.jpg
でも、覗き込んでもチョビが寝ているハズもなく、現実に引き戻されます。

「これがチョビのあんよで、本当にそこに寝ててくれたら・・・」 って、
何度も思ったし、そう思うたびに泣いてしまう。

でも、いまだに 「チョビ、寝てるかな?」 とチョビベッドに目がいってしまう毎日。
習慣ってなかなか抜けないものですね・・・。

なので、寝ているクマさんの横には、この写真を置いています。
c0084117_18204112.jpg
チョビと一緒に、ベッドの上でゴロンゴロンしたときに撮った写真。
舌がチョロッと出てますね♪

たまに、このチョビベッドに頭を乗せて、
チョビ&チョビ代わりのクマさんと一緒に昼寝しているおかあちゃんです。
by uchi-mame | 2016-04-21 20:25 | チョビりく家 | Comments(4)

アジサイのドライフラワー

可愛らしい動物たちを観たあとは、
雑誌に紹介されてた、こちらのカフェへランチしに行きました。
c0084117_19151332.jpg
オシャレな外観なのに、おとうちゃんが写り込んじゃってるYO!

お会計は、事前に済ませます。

小さな雑貨や多肉植物などがさり気なく飾られた、
おかあちゃん好みの素敵な店内で、居心地もバッツグーン!
c0084117_19201344.jpg
オーナーさんは、とっても明るくて感じのいい若いお兄さん。
コーヒーひとつひとつの特徴をめっちゃ分かりやすく説明してくれました。

丁寧に淹れてくれるコーヒーは、ペーパーカップorマグカップで。

軽食もあり、
近くのパン屋さんで作っているホットドッグ&ドーナツ3種を注文。
c0084117_1921537.jpg
おやおや?
お兄さんったら、わざわざ半分にカットして出してくれましたよ~。
どれも、めっちゃウマウマでした♪

「今度は、ぜひチーズケーキを食べに来てくださいね!」 とお兄さん。
「はい、絶対食べに来ます!」 とおかあちゃん(笑)。

そして、このカフェの隣にはオシャレな花屋さんがあって、
店内を覗き込んでみたら、
おかあちゃんの大好きなアジサイのドライフラワー(以下 「ドライアジサイ」)を発見!
c0084117_19214621.jpg
んでもって、即入店!!

おかあちゃんがドライアジサイに初めて出会ったのは、
旧チョビ家地方に住んでたとき。
c0084117_1946226.jpg
チョビを看板犬として雇ってくれてた雑貨屋さんでした。
(カテゴリ 「マカロニ屋さん」 で紹介しています)

その雑貨屋さんで、ドライフラワーの作品を見たり&作ったり、
スタッフさんたちといろいろお話しているうちに、
ドライフラワーの魅力にどんどんハマッてしまって・・・ムフフ♪
c0084117_1947996.jpg
その中でも、ドライアジサイが大好きになりました。

そして、チョビの誕生日にも、
毎年、ドライフラワーのアレンジを作ってもらってました。
c0084117_1949125.jpg
でも、雑貨屋さんが閉店してしまってからは、
ドライアジサイを扱っているお店を見つけられず、手に入れることもできず。

そして、チョビ家地方に来てからは、
ますます、手に入れることが困難になってしまって・・・(寂)。

チョビ家に飾ってるドライアジサイも、
めっちゃ綺麗に&いい感じに残っている子もいれば、
おかあちゃんの管理不行き届きでダメにさせてしまった子も多々・・・。
c0084117_19543478.jpg
その数は、どんどん減っていく一方です(泣)。

なので、この花屋さんでドライアジサイを見つけたときはメッチャ嬉しくて、
スッタフさんに 「売りもの」 かどうか確認して大人買い(笑)。

青っぽい紫色の不思議な色合いした、こじんまりとした可愛らしいアジサイ。
c0084117_2092891.jpg

おかあちゃん、初めて見る色合いかも・・・ムフフ♪
c0084117_2094045.jpg

こちらは、ちょっと大振りのアジサイ。
c0084117_20121452.jpg

優しいピンク色が入った明るい色合いです。
c0084117_2014439.jpg

いずれも、枝がかなり短めだったのがちょっとアレだけど、
久しぶりに、ドライアジサイに出会えて嬉しかった!
c0084117_20175241.jpg
しかも、こんなに可愛らしいドライアジサイを、
お手頃価格でたくさん手に入れることができて嬉しかった!

ドライフラワーには、チョビとの楽しい思い出がいっぱい詰まってます。
c0084117_20285363.jpg
そして、ドライフラワーを見るたびに、
チョビと一緒に雑貨屋さんへ遊びに行ってた懐かしい日々を思い出します。

チョビがいてくれたから、
この素敵なドライアジサイに出会うこともできた・・・。
c0084117_2029854.jpg
チョビには感謝の気持ちでいっぱい!
by uchi-mame | 2016-04-19 20:38 | お気に入り・雑貨 | Comments(6)

アートな動物園

おかあちゃんの手違いで削除してしまった、
3月18日のチョビブログで紹介してたコチラの素敵なギャラリー。
c0084117_19155213.jpg

ここで開催されてた作家さんたちが、
4月15日から始まったこのイベントにも参加されるってことで、
c0084117_19164926.jpg
昨日、観に行ってきました。

先月にオープンしたばかりのギャラリー。
c0084117_19171593.jpg
館内には小さなカフェもあり、とっても綺麗でしたよ。

2つの展示室を使って、
絵画・版画・陶芸家・立体アートなど、県内外の18人のアーティストが、
それぞれの手法で 「動物」 を表現された作品を展示。

スタッフさんに確認したところ、
展示された作品全て撮影OKってことで、
撮らせていただいた作品をいくつか紹介しますね。
c0084117_1921234.jpg

c0084117_19214471.jpg

c0084117_1922439.jpg

c0084117_19221731.jpg

c0084117_1922313.jpg

小さな作品もあります。
c0084117_19224437.jpg

c0084117_19225764.jpg

c0084117_192397.jpg

こちらの作品が、
1枚目のギャラリーで観たダンボール彫刻家さんの作品。
c0084117_19234022.jpg
なんだか、めっちゃ可愛いでしょ?(笑)

全て、ダンボールで作られています。

気持ちよさそうに寝ているニャンコさん。
c0084117_19235450.jpg
もちろん、この子もダンボールで作られていますよ。

そして、DMにも載っている、
こちらの白いワンコもダンボールで作られています。
c0084117_19241474.jpg
いやいや、実際にお会いすることができて嬉しい・・・ムフフ♪

それにしても、
この白いワンコ、こんなに大きい作品だったとは・・・。
c0084117_19443569.jpg
ちょっと、ビックリでした(笑)。

もしかしたら、チョビよりも大きいんじゃない?
c0084117_19463815.jpg
「そうですか・・・?」

こんなに大きくて重そうに見えるけど、
ダンボールで作られてるから、やっぱり軽いのかしらね?(笑)

作家さんによって、動物たちの表情や仕草などの表現方法が違うので、
どの作品も可愛らしくて面白かった!
c0084117_19505698.jpg
寂しいことに、新潟県には動物園がありません・・・。
だから、こういった形で動物園を楽しめるのもGOODかもしれませんね♪
by uchi-mame | 2016-04-17 20:30 | お出かけ | Comments(8)

BEAGLES

先日、こちらの写真展を観に行ってきました。
c0084117_1811671.jpg
似てるけど、チョビじゃありませんよ(笑)。

モデルになってるワンコは、
この写真展を開催された写真家さんが飼っている愛犬で、
ビーグルワンコの 「MAX(マックス)」。
c0084117_18143854.jpg
とってもユーモラスで可愛らしい表情や仕草を捉えたマックスの写真で、
数々の賞を受賞しているそうです。

今回は、未発表の新作数点を含めた約25点が展示されてました。

スタッフさんに確認したところ、展示された写真全て撮影OKってことで、
ライトなどが写り込んだりしてお見苦しい点もあると思いますが、
撮らせていただいた写真を紹介しますね。
c0084117_18152890.jpg

c0084117_18154795.jpg

なんとなく・・・。
c0084117_18161278.jpg

どことなく・・・。
c0084117_18172125.jpg

チョビに似ているような・・・。
c0084117_18173920.jpg

似ていないような・・・。
c0084117_1817527.jpg

気のせいかな?(笑)
c0084117_18183540.jpg
表情豊かで、とっても可愛らしいマックス。

そして、どのお写真を見ても、
飼い主さんの、マックスへの温かくて深い愛情と信頼が伝わってきますよね。

こちらは、「1才のたん生日」。
c0084117_18193130.jpg
マックスをよく見ると、お鼻に生クリームが・・・。

ケーキの横には、真っ赤なイチゴがコロンと転がってます。
c0084117_18202475.jpg
「イタズラしちゃってごめんなさい・・・」 って、
いまにも泣きだしそうな表情に、おかあちゃんはやられてしまいました(萌)。

そして、こちらはマックスではないビーグルワンコたち。
c0084117_1821738.jpg
ビーグルワンコと言っても、
毛色や顔つきや雰囲気などそれぞれ個性があって、全然違うんですよね。

写真というよりも、絵画のような?肖像画のような?
c0084117_18213093.jpg
ちょっと不思議な感じがする写真ですよね。

こちらの写真集は非売品だそうです。
c0084117_18222717.jpg
ポストカードはお持ち帰り自由だったので、1枚いただいてきました。

チョビは、よくビーグルワンコに間違えられました。

ビーグルワンコを連れている方にも、
「ビーグルですよね?」 って言われたことあったっけ(汗笑)。
c0084117_1824319.jpg
「あたし、そんなに似てるのん?」

ま、たしかに、
ビーグルワンコが入ってるのは間違いない・・・と思うけどね。

なので、おかあちゃんも散歩しててビーグルワンコを見かけると嬉しくて、
チョビと一緒に挨拶したり、遊ばせてもらったりしてました。
c0084117_18275324.jpg
だから、とある美術館でこの写真展の案内を見つけたときは嬉しくて、
ずーっと楽しみにしてました。

写真家さんが来場してるときは、
ペットの撮影の仕方なども教えてくれるそうですよ。
c0084117_18281880.jpg
んでもって、愛犬を撮ってくれる撮影会も開催されたりするそうです。

また違ったチョビが楽しめたかもしれない・・・と思ったら、
c0084117_18302884.jpg
ぜひ、チョビもマックス風に撮ってほしかったなぁ。
by uchi-mame | 2016-04-15 21:03 | お出かけ | Comments(8)

ダブルお花見

先週末は天気もよかったし、お花見も見納めになると思い、
9日(土)は夜桜を見に、10日(日)はコチラへお花見に行ってきました。

青空じゃないのがちと残念ではあったけど、
この景色、スゴくないですか?
c0084117_1831235.jpg
満開になった薄ピンク色した桜&黄色い葉の花のコラボ!

ここは、角田山の麓に広がる 「上堰潟公園(うわせきがたこうえん)」。
c0084117_1862810.jpg
奥に見える山が 「角田山」 です。

四季折々の花々が楽しめる広大な公園で、
いまの時期は、約450本の桜と、6haに咲き誇る菜の花が楽しめます。
c0084117_1875494.jpg
この景色を楽しもうと訪れる家族連れも多く、
公園周辺の道路も駐車場も大渋滞してたけど、タイミングよく停めることができ、
この素晴らしい景色をゆっくり楽しむことができましたよ。

それにしても、
桜と菜の花ダブルでお花見が楽しめるなんて思ってもいなかった。

っていうか、
桜目当てで来たお花見だったのに、
c0084117_18144472.jpg
いつのまにか、菜の花がメインになっちゃってる! 撮っちゃってる!(照)

だってさ、菜の花と言ったら、
旧チョビ家地方では、これくらいしか見たことなかったからね。
c0084117_18151779.jpg
ま、これだけでも十分に楽しんでたおかあちゃんだけど・・・タハハ♪

あたり一面、見渡す限り黄色に染まる菜の花はここだけでなく、
カメラを構えるおかあちゃんの後ろにも、ダダダァーッ!と広がっています。
c0084117_1821501.jpg
そして、菜の花のカホリもあたり一面に広がってました・・・クンクン♪

たくさんのお花見客の中に、ワンコ連れの方も多く見かけましたよ。

桜をバックに、
菜の花畑の中でワンコを撮っている方々。
c0084117_18221085.jpg
そんな光景を見かけるたびにチョビを思い出し、涙が出そうになった。

そして、また思ってしまった。
c0084117_18222994.jpg
この公園のことも、
もっと早くに知ってれば、チョビと一緒にお花見しに来れたのに・・・。

そして、こんな風に菜の花畑から顔を出すチョビを撮りたかったな・・・ってね。
c0084117_1823562.jpg
「おかあちゃん? これ、菜の花やないけど・・・」

うん、分かってる・・・分かってるよ・・・(泣笑)。

「花よりサンポ! 花よりダンゴ!」 のチョビだったけど、
毎年、おかあちゃんのお花見散歩に付き合ってくれたチョビ。
c0084117_18232419.jpg
カメラを向けるたびに、「またかいな」 みたいな顔してたけど(笑)、
イヤイヤせずに付き合ってくれたチョビ。

チョビが一緒だったから、お花見もいーっぱい楽しめた。

チョビ、ホントにありがとう・・・♪
c0084117_18234285.jpg
また、おかあちゃんのお花見散歩に付き合ってね。
by uchi-mame | 2016-04-13 20:34 | お出かけ | Comments(6)

心の穴ぼこは埋まらない

同じマンションに住むご近所ママさんに、
「桜がすっごく綺麗だから、見に行ってみて」 とススメられ、
先週末に、チョビ家が初詣で訪れる神社周りの公園へ行ってきました。

ここは、チョビと一緒に来たことのある公園です。
c0084117_1813172.jpg
ま、このときは紅葉時期だったので、桜は咲いてませんけどね(汗笑)。

チョビと歩いたときは閑散としてたけど、
この日は、あちこちで花見客の団体さんが大騒ぎ!
c0084117_1821766.jpg
この場所も、めちゃくちゃ賑わってました。

写真がちょっと薄暗いですよね?
c0084117_1841235.jpg
ご近所ママさんに、「特に夜桜がオススメよ」 と言われて来たんだけど、
まだ明るかったので、先に腹ごしらえすることにしましたよ。

ずっと前から気になっていた、コチラの洋食屋さんへ。
c0084117_187063.jpg
お店の名前にもなっている、
可愛らしいキリンさん親子がお出迎えしてくれます♪

こちら、1927年創業の老舗洋食屋さんだそうですよ。

いちばんの人気メニューは、「オムライス」 らしいけど、
c0084117_1892521.jpg
おとうちゃんは、「タンシチュー(奥)」 を、
おかあちゃんは、「ハヤシライス(手前)」 をいっただっきま~す! (スミマセン)

ボリューム満点でウマウマ!

店内も、レトロで昭和の雰囲気満載!
c0084117_18101891.jpg
何もかもが懐かしく感じる洋食屋さんでした。

さて、夜桜はというと・・・。

灯りの点いたボンボリがぶら下がってないので、ほぼ真っ暗。
c0084117_18123425.jpg
外灯のみで、写真もボケちゃって・・・(汗)。

でも、夜桜を初めて見るおかあちゃんとしては感動!
c0084117_18144166.jpg
外灯に照らされた桜だけど、十分に楽しむことができました。


だけど・・・。

どんなに素晴らしい景色を見ても、
どんなに美味しい料理をいただいても、
おかあちゃんの心の中に開いた穴ぼこが埋まることはありません。

今日は、チョビの6回目の月命日です。
c0084117_18155813.jpg
チョビと悲しいお別れをした日から6ヶ月が過ぎました。

おかあちゃん的には、「あっという間の6ヶ月」 というより、
「まだ6ヶ月しか経っていない」 という気持ちの方が強いような気がします。

チョビ?
もう天国での暮らしには慣れたかな?
毎日お腹いっぱい食べて、たくさんのワン友たちと走り回ってるかな?
c0084117_18174338.jpg
不安も心配もない、のんびりとした幸せな毎日を過ごしているかな?

どんなに月日が経っても、
チョビが大好きだというおかあちゃんの気持ちは変わらない。
c0084117_1821043.jpg
チョビは、昔も今も変わらずに、
おとうちゃんとおかあちゃんのとっても大事な我が娘。

毎日のように、おかあちゃんたちを笑わせてくれた&癒してくれたチョビ。
そして、何があってもおかあちゃんたちを守ってくれたチョビ。
c0084117_18293368.jpg
チョビのことを思うたびに愛おしくて、涙が溢れ出して止まらなくなる。

改めて、たくさんの 「ありがとう」 をチョビに伝えたい。

いままでも、これからもずーっとチョビのことが大好きだよ。
c0084117_18302587.jpg
また会えるその日まで待っててね。



今日は、コメント欄閉じます・・・(ペコリ)。
by uchi-mame | 2016-04-11 23:08 | 記念日